WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ひな祭りにもおすすめ!色々具材で楽しむかき揚げのおすすめレシピ

#ひな祭り #かき揚げ

Happy
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年2月23日更新

具材によってさまざまなバリエーションを楽しむことができるかき揚げは、サクッとした食感と香ばしい味わいが魅力ですね。今回は普段のおかずとしてはもちろん、ひな祭りのおもてなしの一品としても使える、さまざまな具材を組み合わせたサクサクのかき揚げレシピをご紹介します。
 

かき揚げってどんな料理?

かき揚げとは、天ぷらの一種で、複数の食材を小さく切って混ぜ合わせ衣にくぐらせたものをまとめながら油で揚げた日本料理です。
「かき混ぜてから揚げる」ということから「かき揚げ」と呼ばれるようになったそうです。
一般的にかき揚げの主な食材といえば、玉ネギ・にんじん・さつまいも・じゃがいも・ごぼうなどの野菜と海老やイカ、貝柱などの魚貝類で、これらを混ぜ合わせて作ります。
揚げたものは、塩や天つゆにつけて食べるほか、丼にのせて天丼にしたり、そばやうどんにのせて食べたりします。
 

出典 

かき揚げを上手に作る!準備のポイント

難しいイメージのかき揚げですが、以下のポイントをおさえて準備すると上手に作ることができます。
 

1. 具材の切り方

複数の具材を混ぜ合わせて作るため、火の通りを均一にするためにもできるだけ同じような大きさに切ることが大切です。
三つ葉やネギなど彩りになるものを除き、角切りならサイズを合せて角切りに、千切りなら厚みを揃えて切るようにしましょう。
あまり大きく切ると火が通りづらく食感も重たくなるので、小さめにすることがポイントです。
また、玉ネギは繊維を断つと水分が出やすくなるため、繊維に沿って切りましょう。
 

2. 下処理

海老や貝柱などの魚貝類は、軽く洗った後に塩コショウをして下味をつけておきます。
その際、しっかり水気を切っておかないと揚げる時に油がとんで危険なため食材の水分は注意して水切りしておくようにしましょう。
水にさらしたさつまいもやゴボウなども同様に、しっかり水気を切っておくことが大切です。
 

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • Happy

    フードコーディネーター・野菜ソムリエとして、シーンにあわせた献立のご提案や器選びから盛り付けまで...

    フォローする