WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

置くだけ!苔玉(こけだま)、季節の楽しみ方

#苔玉 #観葉植物 #ガーデニング

miesh
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年2月7日更新

すっかり落葉したモミジの苔玉も、冬の景色を連想させてくれます。また、いっそ苔だけの苔玉もこの季節はシンプルでいいかもしれません。

冬から連想される空間を、あなたなりにデザインしてみてください。

◆ 苔玉の季節の演出は、植物だけじゃない

苔玉は単品だけで楽しむだけでなく、苔玉を受ける皿や横にあしらうフィギュアによって、箱庭的に遊べるのも一興です。

フィギュア

たとえば、冬の演出を、苔玉にペンギンのフィギュアなどを添えてみても良いかもしれません。また、苔玉の受け皿を、白い釉薬をかけたお皿で演出してみてもすてきですね。

日本には季節ごとに寿ぎを表すものが数々あります。春ならひな祭り、初夏には鯉のぼり、夏の七夕、冬なら冬至。

そうしたフィギュアがあったらそれをちょっと添えるだけで季節感がぐっと深まります。

ガラスの皿、白い釉薬の皿

夏ならやはりガラスの受け皿を使いたいですね。苔玉を安定させる石もガラス様のアクリルブロックで代用してみてはどうでしょう?

ガラスの灰皿は受け皿にピッタリです。タバコを吸わない方ならなおさら、もってこいの活用法です。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • miesh

    はじめまして、mieshと申します。 編み物、DIY、多肉植物の栽培に凝っています。 好きな色は白とベー...

    フォローする