WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

これであなたもイタリアーナ!「ブルスケッタ」を知り尽くそう!

普段使いにも、おもてなしにも大活躍の「ブルスケッタ」は、簡単に出来るイタリア料理の一つ。本場イタリアでは、どのように食べられているのかを見てみましょう!  #ブルスケッタ #イタリアン #レシピ

tomies
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.8 / 作成:2018.2.6

ブルスケッタってどんなもの?

みなさんは「ブルスケッタ」をご存知ですか?

上の写真のように、スライスしたパンを焦げ目が少しつく程度(片面2~3分)に焼き、オリーブオイルと塩をふりかけたものです。にんにくが気にならない方は、パンが焼けたら擦りつけましょう。日にちが経って少し硬くなったパンも、このようにして食べると、外はカリカリ・中の白い部分がしっとりとして、食べやすくなります。

ブルスケッタはいつ食べる?

「ブルスケッタ」は、イタリアの家庭やレストランで、主に前菜やおつまみとして出される料理。ピッツェリアでの前菜のメニュー欄にもブルスケッタがあり、ピッツァの前菜として食べる人もいます。

仲間とバーベキューをする時も、前菜としても、肉のお供にもブルスケッタが欠かせません。炭火で焼いたブルスケッタは特に美味しい! みなさんも、バーベキューをする際には、ぜひブルスケッタを振る舞ってみてはいかがでしょうか? 

また、ブルスケッタはさっぱりと食べられるため、夏の暑くて食欲がない日など、簡単な食事としても重宝されます。

 

美味しいブルスケッタを作るために

ブルスケッタはシンプルな料理であるからこそ、素材にこだわりたいもの。

まず、土台となるパンですが、フランスパンのようなハード系がおすすめです。ブルスケッタは、作ったらすぐに食べるのが基本ですが、パンに具材のソースが浸みたとたんボロボロと崩れるようではいけません。

そして、オリーブオイルは、風味が豊かで生で食べられるエキストラバージン。野菜だけでなく、ステーキやグリルした魚にかけたりといろいろな使い道があるので、良質のものを1本選んで常備しておくとよいでしょう。

ブルスケッタでいろいろ楽しもう

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • tomies

    こんにちは。美味しい料理を作るため、和食に限らず世界各国のいろいろなレシピを検索するのが大好きです。

    フォローする