WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズパゲッティの編み方 応用編「基本の編み方を使って」

今回は、ズパゲッティの編み方の応用編の特集です。バッグの持ち手を付ける編み方など、比較的よく使われるものを集めてみました。これを知っていると、さらに作品の幅が広がり、いろいろな場面で活用することが出来ます。是非覚えて、オリジナル作品作りに役立てて下さい♪ #ズパゲッティ #編み方 #応用編

and_me
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.25 / 作成:2018.1.25

その他のズパッゲッティの作品集・編み方はこちら↓

ズパゲッティの編み方・素敵な作品総まとめ<初心者でも>

細編み応用A 細編みで”編み付ける”

こちらは、持ち手付きのバッグ等に必要な編み方です。鎖編みを芯にして、持ち手を作るときに使います。「細編みで編み付ける」とは、例えば鎖編みをした状態で、編み目に細編みをすることです。基本は同じです。

ピンクの印のある目に細編みをして、鎖編みを編み付けた後です。

※編み方は基本と同様、「編み目にかぎ針を入れ糸をかけて引き抜いたら、2本かぎ針に輪が通った状態でかぎ針に糸をかけ、一度に引き抜く」を行います。

細編み応用B 細編みで”編みくるむ”

こちらは、持ち手付きのバッグ作りに必要な編み方です。鎖編みで持ち手の芯を編み付けた後、さらに補強し太さを出す編み方です。他に、「波編み」など編むときにも出てきます。

①鎖編みを、細編みで編みくるんでいきます。まずは鎖編みをはさむように、かぎ針を入れます。この後かぎ針に糸をかけておきます。

かぎ針にかけた糸を、手前に引き出します。

画像のようにかぎ針に通ったら、鎖編みをはさんだまま、かぎ針に糸をかけ、一度に引き抜きます。

鎖編みを編みくるむ事が出来ました。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。

    フォローする