WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

低カロリーで栄養豊富◎たけのこの煮物をマスターしよう!

炊き込みご飯に天ぷらに、様々な料理で和食を豪華にしてくれる「たけのこ」。とくに煮物は家庭でも出てくるたけのこ料理の定番ですね。そんなたけのこの煮物をおいしく作れるようになれば、家族や彼氏の胃袋を掴めること間違いなし!おいしい作り方をマスターしましょう。 #たけのこ #煮物 #レシピ

ponta20170213
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.26 / 作成:2018.1.25

おいしいタケノコの見分け方と旬

春になるとスーパーの野菜売り場にたけのこが並びますよね。たくさん並んでいるものの中でもおいしいたけのこを見分けられたら得した気分になりませんか?

どれも同じというわけではなく、おいしいものには特徴があります。下記の特徴を覚えておいて、よりいいものを選んでください。

①穂先が黄色くなっている。黒いものや緑のものは育ちすぎの印です。
②持ち比べてみて、重たいもの。重いほど水分が多く含まれている証拠です。
③根元のツブツブが小さくて少ない。
④切り口が白く、みずみずしい。
⑤皮の艶がよく、茶色が薄い。

 
たけのこの旬は、種類によって異なりますが、私たちがよく食べているたけのこは「孟宗竹(モウソウチク)」という種類で、3月から5月が旬の時期です。

九州などの南日本では、早いところだと11月から収穫が始まり、早掘りたけのこと呼ばれるものは12月から市場に出回るということもあります。

おいしいだけじゃない!たけのこの豊富な栄養素

たけのこには、亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は味覚を正常に保ってくれたり、髪や皮膚のたんぱく質の代謝を促してくれることで美肌や美髪を保つ効果があります。

また、カリウムも豊富に含まれています。カリウムはナトリウムの排出を促し、むくみの改善にも効果的です。その他にも疲労回復に役立つアスパラギン酸や、ストレス穏和や代謝の促進をしてくれるパントテン酸も含まれています。

健康や美容だけでなく、疲労回復にも役立つのはとてもうれしいですね。

ここが肝心!生たけのこの下処理

今では一年を通して「水煮タケノコ」をスーパーで買うことができます。しかし、せっかくなら生の日本産タケノコを食べたいですよね。

生のものは食感も香りもとてもいいので、煮物にするには最適です。しかし、水煮と違って下処理をしっかりしなければなりません。よっぽど掘りたてでない限りは灰汁のえぐみがきつくて食べられません。

レシピを見る前に、たけのこの下処理からマスターしていきましょう。

出典 

まずはたけのこの頭を切り、固い部分を取り除きましょう。皮は表面の3枚ほどをめくれば大丈夫です。縦に切り込みを入れることで火の通りを良くします。

たけのこは湯がくときに灰汁を抜くことで美味しく食べられます。
ゆで汁に米ぬかやお米のとぎ汁を入れます。そうすることで、より灰汁をきれいに抜いてえぐみのないたけのこに仕上がります。

茹で時間は1時間程度。よりスッキリと灰汁を抜きたい場合は2時間ほど湯がいていただいてもかまいません。

下処理をしたたけのこは、ボウルなどに水と一緒に入れ、毎日水を変えれば冷蔵庫で5日ほど日持ちします。冷凍保存も可能です。
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...

    フォローする