WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

発酵食品でおいしくキレイを手に入れる!発酵食品を使ったレシピをご紹介

発酵食品は健康だけでなく美容に非常に効果的。おいしく食べてきれいになれるのであれば、毎日の食事にうまく取り入れていきたいですよね!そんな発酵食品の驚くべき効果と、おいしく取り入れるためのアイデアレシピをご紹介いたします。 #発酵食品 #レシピ

ponta20170213
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年1月14日更新

日本の食卓に欠かすことのできない“発酵食品”。日本だけでなく、海外でもチーズやキムチ、ヨーグルトなど、多くの発酵食品がポピュラーな食材として親しまれています。この何気なく毎日食べている発酵食品は、健康だけでなく非常に優れた美容効果を発揮してくれるのです。
 

驚くべき発酵食品の“菌”のチカラ

発酵食品は、温度や湿度などの環境を整えてあげることにより、乳酸菌などの善玉菌と呼ばれる微生物が自ら代謝活動を行い、食品を発酵させることでできるものです。
その菌たちのおかげで発酵した食品は、元の食材を取り入れるよりも、私たちの体にとってうれしい効果がプラスされます。

栄養価がアップする

これは食品によって様々ですが、発酵させることによって元の食材になかった栄養素がプラスされます。例えば納豆。納豆は大豆を発酵させて作られますが、原料の大豆にはなかった「ナットウキナーゼ」という成分が納豆に含まれます。これは血液をサラサラにし、高血圧の予防に効果的です。もうひとつ発酵食品で王道のヨーグルトは、酵素の力によって、牛乳に比べ、カルシウムが吸収しやすくなっています。そのほかにも例を挙げるときりがないのですが、発酵食品が健康にいいと言われるのは、栄養価や栄養の吸収率がアップすることが理由なのです。

うまみを引き出す

発酵することによって、グルタミン酸などのうまみ成分が生成されます。
これには好みもあるかもしれませんが、醤油や味噌などの豊かな風味は、発酵によって生み出されているのです。

保存性が高くなる

もともと、昔の人が食品を保存するために考えたのが発酵食品です。今と違って昔は冷蔵庫がないわけですから、食品も腐りやすくなりますよね。
保存性が高くなるのは、発酵させる菌がほかの菌の繁殖を抑える作用があるためです。この作用が、食品を腐らせる菌の繁殖を防ぎ、食品を腐りにくくしてくれます。

美肌効果バツグン!発酵食品に含まれる成分

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...

    フォローする