WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

本編よりも気になっちゃうかも?インテリアに目を引かれる海外映画10選

海外映画の魅力の1つは異国の文化に触れられること。インテリアもそうですよね。
おしゃれなものやゴージャスなもの、地域色の強いもの、ちょっと一癖あるものなど、記憶に残るインテリアのタイプは様々です。
今回はインテリアが印象的だった海外映画10作品をご紹介します! #映画

e_ri
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.5 / 作成:2017.12.31

ステキな海外映画の中には、ストーリーだけでなく、背景に映るインテリアも印象的な作品ってありますよね!
異国の文化に触れられることは海外映画の魅力ですし、インテリアはその作品の世界観や雰囲気を作り出す大切な要素の1つでもあります。
今回はストーリーを楽しみつつ、インテリアにも注目してほしい海外映画10作品をご紹介します!
 

インテリアが印象的な海外映画10選

①チャーミングな近未来インテリア『her/世界でひとつの彼女』(日本公開2014年)

愛する妻と別れ、都会で一人暮らしをしているセオドア(ホアキン・フェニックス)。離婚のショックから立ち直れないでいた彼が恋に落ちた相手は、なんとパソコンのなかに住む人工知能だったという異色のラブストーリーです。作中のインテリアは多くが都会的かつチャーミング。そこへ、例えばパソコンにキーボードがないなど近未来的な要素がエッセンスとなり、奇抜じゃないのに非現実的という不思議な雰囲気を醸し出しています。


 

②大衆食堂がオシャレなクラブに!『ソウル・キッチン』(日本公開2011年)

1軒のレストランを軸にハイテンションな人間喜劇が繰り広げられる、ドイツ発のドタバタコメディ!「ソウル・キッチン」は店長・ジノス(アダム・ボウスドウコス)が思いを込めて運営するレストラン。しかしその実態は、ありあわせの椅子とテーブルを並べ、冷凍食品をだすだけの大衆食堂でした。ところが変人天才シェフを雇ったことがきっかけで、オシャレなクラブに大変身!調理場スペースの劇的ビフォーアフターも圧巻です。

③ギリシャの家は内も外も美しすぎ…『マンマ・ミーア!』(日本公開2009年)

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • e_ri

    フォローする