WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

広さ別一人暮らしのインテリア活用ポイントをご紹介

ひとり暮らしのお部屋では、スペースが限られているので、家具選びや収納に工夫が必要になります。
ひとり暮らしインテリアに最適な家具のコーディネート術など、活用のコツをご紹介します。 #一人暮らし

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.20 / 作成:2017.12.19

ひとり暮らしのお部屋って、ある程度広さが限られていることから、家具の置き方や収納の確保など、いろいろ悩みは尽きませんよね。

せっかくのひとり暮らし、快適におしゃれにインテリアをコーディネートして、自分好みのものに囲まれて過ごしたいですよね。

今回は、そんなひとり暮らしインテリアのコーディネートのコツについて、広さ別、アイテム別にポイントをまとめてみました!

キッチンとの仕切りがない1Rのお部屋

自由に家具の場所が決められる

ワンルームと言っても、キッチンとの仕切りがないと、部屋が広く使え、家具の置き場所など、コーディネートの自由度は増します。

家具を置く際には、お部屋の広さと家具との割合が重要で、3対1がベストと言われます。

こちらは、シンプルなインテリアアイテムを使用し、スッキリとした雰囲気にまとめられています。

6畳以内の1Kのお部屋

1Kのお部屋

居住スペースとは独立された、限られたスペースのキッチンのついた1Kのお部屋では、家具の大きさは数に気をつける必要があります。

大きな家具の配置は、圧迫感が感じられるため、部屋全体の見た目が狭く感じられるデメリットが。

こちらのインテリアでは、家具のポイントポイントにアイアンが効果的に取り入れられたものを採用。

アイアンは圧迫感がないので、部屋を広く見せられます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする