WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

すのこでDIY!100均を使った棚の作り方

100均で手に入るすのこを使って、お洒落な棚をDIY!
コスパ抜群なすのこでのDIYは、初心者さんにも最適で、どんなインテリアにも合わせやすい家具が作れるのが魅力です。
今回は、すのこDIYの基本の手順ややり方についてご紹介します。 #100均DIY #作り方 #すのこ

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.2.4 / 作成:2017.2.4

1:すのことは

「すのこ」とは、太い木の角材に、それより薄い木材の板を直角に打ち付けたものです。
木材の材質で使われるのは、主に「ひのき」や「桐」。
水気に強いその性質を活かして、除湿目的で使用されることもあります。

すのこの木が対象物の水分を吸収し、そしてそれを空中に発散させます。
湿度の高い、寝具への対策として使われることが多く、ベッドやマットレスの下に使うのも有効な使い方です。

でも、すのこは除湿だけに使うのはもったいないです!
最近ではすのこを活かしたDIYがとても盛ん!優れたアイデアが次々と出てきています。

2:材料は100均で購入可能!

すのこは低価格で手に入る!

すのこはプチプラで購入することが可能な、コスパ優秀アイテム♪
ダイソーやセリアなどの100均を始め、ニトリなどでも100円よりは多少お値段がアップするものの、グレードも高くなったものが簡単に手に入ります。

サイズも大小様々なものが揃っているので、作りたいものに合わせて選べるのが嬉しいですよね。

材料費が抑えられる!

出典 sumaiweb.jp

すのこDIYの魅力のひとつは、初期投資費用が少なくて済む、ということです。
材料となるすのこは100均のものでもOKだし、必要な工作道具も、結束バンド、ボンドなどで済ませられる場合もあり、100均で一通りのものは揃います。
まずは気軽に作ってみたい、という人へのハードルも低く、DIY初心者さんにもオススメと言えます。

3:すのこのDIYに最低限必要な道具

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする