WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ユニット折り紙・多面体「くすだま」の簡単な作り方を動画で紹介!

#ハンドメイド #ハンドメイド

rubis
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2016年12月27日更新

くすだまの作り方は、簡単!ユニットを作ったら、あとは組合せるだけ。まずは、初心者向けの3~12ユニットから作るくす玉からみていきましょう。

【4枚ユニット】初心者向けくすだまの作り方!

まずは簡単に3枚で作る三角形を折ってみましょう。 色違いの4枚の折り紙を用意します。初心者は色が違うほうが最初はわかりやすいので、できれば違う色で折ることをおすすめします。 正三角錐ユニットを3枚折ります。 ガイダンスの中で「折って折り目をつけて戻す」という項目がいくつかありますが、面倒でもきっちりとこの作業をするときれいな仕上がりになります。 4つパーツができたらそれぞれ差し込んでいったら完成です。

正三角錐のユニットの折り方

まずは、折紙を半分に折り、折り目をつけます。4分割に折ったら、対角線の角を2カ所内側に折り込みます。右端の角を中央に持ってくるように折り込んだら、また対角線の角も同じように折り込んでください。

ひし形になったら、裏返して上端を三角形におり、下端も同様に折り込みましょう。正方形になったら、さらに半分に折ります。これでユニットの完成です。これを3つ作りましょう。

正三角錐の組み立て方

3つのユニットをそれぞれ中央部分、隣合わせに差し込んでいきます。すべて差し込めば、正三角錐のできあがりです。

【6枚ユニット】花のくすだま「あやめ」

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

    フォローする