WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

重曹さえあれば!年末の大掃除を手軽に済ますコツ

#掃除 #年末

cocoa
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2016年11月12日更新

キッチン周り

シンク

食器や調理器具の油や汚れで一杯のシンクは、汚れの度合いによって

重曹を振りかける<重曹ペースト<重曹クレンザー

と使い分けましょう。

シンクの壁に重曹を振りかけるのは難しいので、おすすめなのは重曹ペーストや重曹クレンザーです。黒ずみもスッキリ落ちますよ。

スポンジやアクリルたわしで優しく擦り洗いしたあと水で流し、乾拭きすれば完了です。粉のままの重曹を使用する場合は、スポンジに水を含ませておいて水分を足しながら擦ります。

三角コーナーも同じ方法で掃除することができます。

排水口

排水口や排水カゴには重曹1カップを振りかけ、お酢1/2カップを重曹にかけていきます。
重曹とお酢の酸が反応して泡立ってくるので、そのまま30分〜1時間置いたあと、熱湯を流し込んですすげば完了です。

重曹には脱臭作用もあるので、排水口内の嫌な臭いもスッキリ取ることができますよ。

置いておく間にほかの場所やシンクの中を掃除すれば効率が良いですね。

ガスコンロの天板

油汚れでギトギトのコンロ……。でも、油を中和してくれる重曹を使えば簡単にピカピカにすることができるんです。

五徳など取り外せるパーツは全て外して、コンロの天板に重曹を振りかけてから水を含んだスポンジで優しく擦るか、重曹ペーストを使ってやはり優しく擦り洗いしましょう。
その後、水拭きと乾拭きで完了です。

汚れが酷い場合は、重曹ペーストを塗って30分〜1時間置いておくと、汚れが浮いてきて落ちやすくなりますよ。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • cocoa

    フォローする