WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均アイテムでも作れる!ビーズブレスレット作りの超基本

手首が出ているこの季節、ブレスレットはいくつあっても足りませんよね。そんな時はハンドメイドしちゃいましょう。手作りなら自分好みの形や色、素材を使うことができます!
今回は初心者さん向け、ビーズブレスレット作りの超基本情報をお届けします! #アクセサリー #100均DIY #ビーズ

utacan
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2017年5月16日更新

100円ショップでも材料は揃う

100円ショップでもテグスなどの材料はひと通り揃えることができます。

ハンドメイドに必要な道具類も、最低限のものはもちろん、最近の100均にはちょっと変わったものなんかもどんどん入荷されているので、その気になったら、全てを100均で調達して作るということも可能です。

100均のテグス

出典 matome.naver.jp

こちらは、ダイソーで取り扱われているテグスです。
右が普通のテグス(伸びないタイプ)、左が伸びるタイプのゴムテグス。
どちらのタイプの取り扱いもあるのは、用途や好みに合わせて選べるのが嬉しいですよね。

こちらの商品をお求めの場合は、パッケージがよく似ているので、ご購入の際には、くれぐれも買い間違えのないように表記をよく確認してくださいね。

ちなみにゴムテグスの材質は、100均の場合、シリコンゴムが素材として採用されていることが多いです。

シリコンゴムは、丈夫な反面、伸びるのも早く、うっかりすると、知らないうちに切れてしまって、大事なビーズを落としてしまうなんてことも・・・。定期的に交換が必要かどうかチェックしてメンテナンスしましょう。

カラーテグスもある

セリアのカラーテグスです。
のびるタイプなので、初心者さんにも扱いやすいのが嬉しいですね。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ