WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均アイテムでも作れる!ビーズブレスレット作りの超基本

手首が出ているこの季節、ブレスレットはいくつあっても足りませんよね。そんな時はハンドメイドしちゃいましょう。手作りなら自分好みの形や色、素材を使うことができます!
今回は初心者さん向け、ビーズブレスレット作りの超基本情報をお届けします! #アクセサリー #100均DIY #ビーズ

utacan
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2017年5月16日更新

普通のテグスの代わりに、ワイヤータイプを使うという選択肢もあります。

もちろん伸びないので、普通のテグスのように、画像左にある金属パーツを使用して装着できるようにする必要はありますが、ワイヤーは耐久性に優れており、しなやかな剛性があります。より作品を長持ちさせたい場合にいいかもしれませんね。

カラーバリエーションも豊富に

最近では、テグスはどの種類もカラーバリエーションが豊富になってきました。
使うビーズの色に合わせて選ぶことができます。
テグスの色選び次第で、ブレスの雰囲気が変わるのも楽しめ、特に夏の季節にはファッションのアクセントにしやすくなって、素敵ですよね。

ビーズ

そして、忘れてはいけないのが、主役のビーズ!

色や形、素材など、最近ではビーズアクセサリー人気も手伝って、本当にオシャレで可愛いものが増えていますよね。

色とりどりのビーズがお店に並んでいるのを見ていると、どれにするか本当に迷いますし、どれもほしくなっちゃいます。
ぜひ、目一杯悩んで、好きなものをいっぱい手に入れてみてくださいね!

いろんな種類のものを用意しておいて、作るときに組み合わせを考えるのも楽しいですよ♡

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ