WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

切らした調味料の代用テクニック集まとめ

BONNZE
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2016年3月28日更新

切らした調味料は他の調味料を掛け合わせて作ろう!

お料理の際に切らした調味料、どうしても必要なときは他の調味料を掛け合わせて作ることで全く違和感ないいつもの味のお料理ができてしまいます。ここぞというときに役立つので一つでも覚えておくことをお勧めします。

調味料を切らして焦っていると、代用するという考えもなかなか思いつかなかったりします。。

調味料の代用テクニック

みりん

煮物などの日本食には必需品のみりんですが、割とつかわない方も多いです。ここでみりんの機能をおさらいしてみましょう。 臭みを消す 旨み香りを加える 素材に味を染み込ませる 照りツヤを出す まろやかな仕上がりにさせる 荷崩れを防ぐ といった効果があります。使い慣れるとよりおいしいお料理が出来上がります。

みりんを切らした場合は 酒(ワイン)3:砂糖1 で代用することができます。

酢・ワインビネガー

酢やワインビネガーは酸味という独特の味覚を表に出した調味料です。これを切らすとかなり焦ります!

酢やワンビネガーを切らした場合は 酢1=白ワインビネガー1 白ワインビネガー1=酢1+白ワイン少々 で代用することができます。上記の材料がない場合はレモン汁でも代用できます。

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ