WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

皮ごとが美味しい♪2月~6月が旬の新じゃがおすすめレシピ

小さくてコロコロしている新じゃが。2月~6月に旬をむかえます!皮ごと食べると栄養もたっぷり。新じゃがを使ったレシピを集めました。 #レシピ #新じゃが

samaman
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年1月18日更新

子供から大人まで。みんな大好きなお野菜といえば、じゃがいも!中でも春先になると旬をむかえて登場する「新じゃが」は、栄養豊富でお味も格別♪

そこで今回は、この「新じゃが」を存分に堪能するために、特長や最適な保存方法。おすすめの食べ方から、新じゃがを使ったプロの美味しいレシピを主菜・副菜・おつまみ・スープまでご紹介します!

新じゃがの特長と旬は?

冬に植えて秋に収穫されるのが通常のじゃがいも。冬に植えて春先に収穫し貯蔵せずスグに出荷したものが「新じゃが」で、出回る期間が限られている事・皮が薄くてみずみずしいのが特長です。

「旬」は、地方によって収穫時期が異なるため少しずれますが、一般的には九州で収穫される2月~6月!そして、北海道産なら7月~8月となりますよ◎

新じゃがは「ビタミンC」が豊富!

じゃがいもには「ビタミンC」が豊富に含まれていることでも知られています。

その含有量は、長く貯蔵する普通のじゃがいもで100g中に約25mg。新じゃがは約100mg。レモン1個分にも相当する量のビタミンCが含まれています!

しかも!じゃがいものビタミンCは熱に強く壊れにくいので、加熱調理してもちゃんと摂取できちゃうんですよ◎

ただし保存には気を付けて!

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ