WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

猫背は病の元!?肩甲骨ヨガで解消しよう!

背中には、褐色脂肪細胞というものがあり、肩甲骨を動かせば動かすほど褐色脂肪細胞が元気になり、脂肪が燃えやすくなるのだそうです。これは絶対やらなきゃですね。

flow
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.11.22 / 作成:2014.11.22

肩甲骨ヨガとは..

quote
“腕は肩甲骨の付け根から生えている”その意識をもって腕を動かすことで、運動量や可動域の増加はもとより、肩関節への余計な負担 を軽減し、姿勢や呼吸エネルギー代謝も変えていきます。

肩甲骨ヨガの手法

quote
重力から手放す手法。ストラップやタオルを用いて滑らかに肩甲骨を滑らせ,回転させる手法等,決して難しい作業ではありません。徐々に肩甲骨の動きが改善されてくると、肩や背中の強張りも軽減され,何より呼吸が大きくなります。

肩甲骨が次第にスムーズに滑るようになってきたら、一つ一つのポーズが一気に深まって、今までできなかったポーズが容易に出来るようになっただけでなく、身体のラインがきれいに整っ て、背中や二の腕は特に顕著に脂肪が取れて引き締まっていきます。 二の腕の脂肪は、なかなか取れないですからね。

肩甲骨ヨガを私が毎日実践するワケ

quote
背中には、褐色脂肪細胞という体の中でエネルギーを消費して体温をあげる役目を果たす細胞があります。この細胞が活発だと、エネルギーをきちんと熱に変えてくれるので太りにくくなります。
quote
褐色脂肪細胞を活性化させるためには、背中の筋肉を使うことが大切。背中の筋肉は肩甲骨の動きに連動して動きます。つまり、肩甲骨を動かせば動かすほど褐色脂肪細胞が元気になり、脂肪が燃えやすくなるのです。
※詳細は↓

肩甲骨まわりの筋肉をほぐして「たるみ」解消!

quote
深い鼻呼吸に合わせて、肩甲骨まわりをじわじわほぐそう。
 このプログラムで肩甲骨の6つの動きをすべてカバーできる。
※詳しくは↓

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

    フォローする