WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

眉の描き方でマイナス5歳!?プロも使う簡単テクとは

ものまねメイクで有名なざわちんさんも「メイクの印象で一番大切なのは眉毛」と言っているように、眉は顔の印象を決める重要なパーツ。自分の年齢・骨格に合った眉の描き方で、お金をかけずに「マイナス5歳」を目指しましょう! #ガールズ

nyunyom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2014年9月28日更新

「顔が小さい方」は、眉毛全体を細目に整えるとバランスがとりやすくなります。後、パーツではありませんが、「スポーティーな雰囲気の女性」の場合は、逆に若干太めに描くと雰囲気に合った表情に◎

「目が小さく、窪んでいる方」は、眉毛のカタチをしっかりと描き目を強調することでカバーする。というテクニックもあります◎

老けて見える眉って?

どちらが若く見えますか?

出典 ameblo.jp

左が老け顔メイクで、右が若く見えるメイク。 ガラリと印象が変わりますね!

左は、眉色も濃く、全体が細い、眉尻が眉頭より下がっているといった点から、老けた印象になってしまっています。

また、年齢を重ねるごとに、どうしても「眉尻」が下がってしまうので、アンチエイジングの面でも眉尻の位置は気持ち上げる位に意識しておくと◎

若眉をつくるための色のポイント

眉の色は明るく!

眉の色は、眉マスカラ・パウダー・カラーリングなどで明るめ&柔らかくふんわりした眉にするのも若くみせるポイントです!

明るさの目安は、髪の色よりもワントーンアップするくらいがオススメです♡また、「眉マスカラ」を使用する場合は、けっこう明るめの色をチョイスするくらいで程よく仕上がるかとおもいます◎

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ