WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

「妊娠生理」生理がきても諦めないで!生理がきても妊娠しているかもしれませんよ!

#ガールズ

crafts
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2017年11月26日更新

受精卵が着床した際におきる事のある「着床出血」ですが、生理予定日の2~3日前からから生理予定日頃にかけてにおこるため、生理が来た!と、うっかり騙されてしてしまうことも!

生理予定日頃に出血があっても、着床出血=妊娠。の可能性もあるためお酒・タバコ・薬の内服などは念のために控えておきましょう!

着床出血・妊娠生理はどんなもの?

着床出血とは

卵子が子宮に着床する際に”絨毛”が厚くなった子宮壁を傷つける事があり、その際に伴う出血のことを「着床出血」といいます。

この着床出血は、妊婦さんの50人に1人という非常に低い確率でおこるといわれており、出血と同時に着床痛といわれる軽い痛みを感じる場合もあるそうです。

着床出血には個人差がある

実際に着床出血を体験された方々は、生理予定日付近に「おりものに血が混じったようなものだった」「チョコレ-ト色で少量の出血が数回あった」「少量の鮮血が3日間続いた」「通常の生理と変わらない量の出血があった」

など。色や量などにも個人差があるようです。ただし、子宮外妊娠などの可能性もあるので気になったら早めに婦人科を受診すると安心です◎

生理と着床出血を見分けるには「基礎体温」をチェック!

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • crafts

    DIYやハンドメイドが大好きです!いろいろとご紹介できたら嬉しいです。

    フォローする