WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

梅酒のレシピ・作り方!ホワイトリカー・焼酎・日本酒で簡単な漬け方

#梅酒 #レシピ

mizu71072910
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年1月14日更新

基本の梅酒のレシピと日本酒やブランデーなど梅酒に合うおすすめのお酒をご紹介します。作り方は梅と氷砂糖、お酒を入れて熟成させるたけで簡単です。さらに果実酒を作るのに定番のホワイトリカーではなく、甘くてコクのある梅酒を作るために今回は黒糖焼酎を使っていきます。おうち時間が長いイマ、ぜひ参考にしてみてください。

黒糖焼酎を使った梅酒のレシピ・作り方

まろやかな風味とほんのりした甘さが特徴の黒糖焼酎を使って、梅酒を漬ける作り方レシピをご紹介します。昔ながらの梅酒の作り方は梅とお酒、砂糖の比率が同じですが、今回はさっぱりとした甘みのある梅酒に仕上げるため砂糖を少ない分量にしています。
梅酒はお酒として飲む以外に、料理の味付けや焼き菓子のシロップとしても楽しむことができます。さらに梅の実はそのまま食べるほか、砂糖と一緒に煮込めばジャムに、実を冷凍すれば氷の代わりとして消費することができます。それでは詳しい作り方をみていきましょう。

材料・用意するもの

  • 生梅 ……500g
  • 黒糖焼酎 ……900ml
  • 氷砂糖 ……400g
  • つまようじ または 竹串 ……数本
  • 保存用の広口ビン

下準備

まず初めに梅と保管容器・瓶の下準備をしていきます。今回は生梅を使うため梅の芳醇な香りと濃厚な風味を出すために追熟という作業を行います。さらに熟成保管用の瓶は長期保管をするため消毒を必ずしてください。

梅の下準備

今回使用する南高梅を追熟させていきます。2日ほど冷暗所に梅を置いて、青い南高梅を黄色になるまで追熟させています。梅を追熟させることで、梅の芳醇な香りが際立ち、桃のような濃厚な風味が楽しめますよ。
追熟をせず緑色の硬い梅で梅酒を作ると、フレッシュで酸味が強めの仕上がりになります。「小城」といった青梅を使う場合は、追熟なしで漬けた方が梅本来の美味しさを活かせます。梅は放置するだけで追熟が進みますので、青梅を使う場合やすでに熟した梅を使用するときはなるべく早めに梅酒作りに取り掛かりましょう。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る