WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ミニマリストのクローゼット収納術!洋服を管理しやすい環境へ

#ミニマリスト #クローゼット

マリ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年9月18日更新

少ない物で豊かに暮らす達人・ミニマリスト。
そんな彼ら、彼女らのクローゼットはとてもスッキリしています。家事を楽にし、家中の服に関することを楽にしてくれる「スカスカのクローゼット」作りのコツをご紹介!服の断捨離を成功させるコツや収納方法についても、ミニマリスト視点でご紹介します。

【ミニマリスト】どんなクローゼットが理想的?

物が少なく、特別な収納方を使わなくてもスッキリきれいが保てるミニマリストのクローゼット。
彼ら・彼女らはどんなクローゼットを目指して物を少なくしていったのでしょうか。
ミニマリストの理想のクローゼットについてご紹介します。

稼働率100%のクローゼット

何もない部屋に、数着の服がかかったハンガーラックがポツン。「ミニマリスト」と聞いて、そんな部屋を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。
「適当に選んだ物」を1つも持たないミニマリスト。彼ら、彼女らのクローゼットには無駄な物が何ひとつありません。服はもちろんのこと、靴下の一足に至るまで、稼働率100%のクローゼットをミニマリストは心がけています。

手間がかからないクローゼット

服を洗濯して、干して、アイロンがけをする。季節が変わったらしばらく着ていなかった服をクリーニングへ出して、衣替えをする。虫がつかないように防虫対策も。
クローゼットって何かと手間のかかる場所ですよね。ミニマリストは管理の手間をなくすために服を減らしたり、畳む手間を省くためにハンガー収納にしたり、ノーアイロンで着られる服を選ぶことで、数々の手間を省いています。
物だけではなく、時間と手間を減らすこともミニマリストは大切にしています。

毎日迷わなくていいクローゼット

ミニマリスト=モノトーンの服というイメージがありませんか?それは「今日は何色の服を着よう?」と迷う時間を断捨離しているから。ミニマリストは物だけでなく、「選択」を減らしている人が多いです。

人は1日に約6000回以上もの選択をしているといわれます。そして選択には思いのほかエネルギーを使うもの。服の色どうしよう? これ着たいけど○○さんとかぶったら嫌だな…。昨日も同じような服着てなかったっけ?ミニマリストはそんなことを一切考えず、毎日自分に一番しっくりくる服を一瞬にして選べるクローゼット作りをしています。
決まったコーデを着回す「私服の制服化」をしているミニマリストも多いです。

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • マリ

    カフェとランニングを愛するアラサー独女。炊飯器やトースターを断捨離し、ワンシーズン10着の服でやり...

    フォローする