WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

毎日使えて大きさちょうどいい!ボックス型トートバッグの作り方

#ボックス型トートバッグ #作り方

naginonagi
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年9月15日更新

レジ袋の有料化で必要になる、コンビニ弁当やテイクアウト弁当も入れられるボックス型トートバッグの作り方を紹介します。
折りたたんで持ち運びができ、巾着のように使うことも可能。サイズチェンジの方法も紹介しているので、お好みのサイズのボックス型トートバックを作ることができます。
(幅)約30センチ×(高さ)約20センチ、マチのサイズが10センチのボックス型トートバックです。

左の画像は(縦)約15センチ×(横)約15センチ×(高さ)約8センチのランチボックスが二段積みに、真ん中と右の画像は、ランチボックスが1つ。右は持ち手部分を絞っています。
サイズチェンジも簡単です!
 
左:(縦)約15センチ×(横)約15センチ×(高さ)約8センチのランチボックスが1つ
右:同サイズのランチボックスが2つ

お弁当をボックス型トートバックの中心に置いて、そのまま持ちあげてもOK。
マグネットでとめたり持ち手を絞ってもOK。持ち手を絞ることで中身をしっかり固定することができます。

ボックス型トートバッグの材料

1.布地(縦34センチ×横30センチ)×2枚

今回は、使用したい布地があったのでサイズにカットして使用しました。100均のハンカチやカットクロスなどでも代用することができます。好みの布地を選びましょう。
※布地は、使用する前にアイロンをかけましょう。

2.100均セリアの綾テープ(2センチ幅105センチ)

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る