WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ミニマリストは何枚食器を持っている?4人暮らし家族の食器管理術!

#ミニマリスト #食器 #キッチン

はむ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年7月9日更新

以前グラスは20個ほど、マグカップも15個ほどを所持していましたが、結局使っているのは数個であることに気づきました。

断捨離した後は、グラスは4人で6個、マグカップは2種類が2つずつあれば十分としました。

*我が家のポイント*

ポイントとしては、以前はおしゃれな大人用のものも置いていましたが、今では割れない&飽きの来ないデザインのもので統一していること。

おしゃれなグラスはなんだかんだともったいなくなり、結局使う場面も少なかかったことと、子供が割ってしまう心配があったこと。
それらを考慮して、思い切って子供に合わせて、割れないグラスを厳選することにしたのです。
ちなみにマグカップは現状、大人しか使わないので割れるものも置いています。

この数で生活していて、困ったことは一度もありません!

カトラリーはシンプルなデザインで統一

カトラリーについては写真の通り、家族の人数分しか置いていません。

*我が家のポイント*

筆者の家ではスプーンやフォークは100均で良いと思ったものを購入し、長く使うことにしています。シンプルなものを持つことで、どんな食器に対しても合わせられると考えたからです

家族それぞれに愛用のお箸やカトラリーがあるというご家庭も多いでしょう。かつて我が家でもそうでした。

しかし、バラバラと統一感のないものを持つと、単純に見た目が悪くなり管理も大変に。スッキリさせたいときは思い切って統一したデザインに買い換えることも必要です。

食器の数が少ないと、来客があるときに困る?

「これだけ食器の数を厳選してスッキリできたら嬉しいけど、来客が来たときに困らない?」と心配になる方もいるかもしれませんね。

しかし筆者の家では、基本的にはご紹介した食器たちで間に合っています。

おしゃれな食器やマグカップで提供したいこともあるかもしれません。しかし、いつ来るかもわからない来客のために収納棚を圧迫するのは避けたいところです。

例えば、家でのパーティーするなら、捨てられるお皿やコップを使うことで片付けも楽になりますし、お互い気兼ねもなくなります。

ミニマリストを目指すのであれば、毎日使う分だけを持つということを意識して、特別なシーンでは何かしらの工夫をして乗り切ろう、と前向きに考える必要があるのかもしれません。

ミニマリストが食器を選ぶ基準

ここまで、ミニマリストである筆者が持つ食器についてご紹介してきました。

しかし、ミニマリストを目指す方の中には「実際にどんな選び方で食器を厳選するべきなのか全然判断が付けられない!」という方もいるかと思います。

そこでここからは、筆者がこれまでの経験から見えてきた、食器選びのおすすめの判断基準についてまとめました。あくまで一人のミニマリストとしての意見にはなりますが、ぜひ参考にしてください。

①色はシンプルなものを選ぶ

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • はむ

    趣味は旅行、ホットヨガ、QUEEN、ラーメン。筆者が実践しているちょっとした工夫を紹介していきます。

    フォローする