WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【夏用手作りマスク】暑い夏を乗り切るマスクにぴったりの素材と簡単な作り方

#マスク #作り方

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月19日更新

夏によくお世話になる『冷感タオル』は、肌に当たったときに熱を感じにくく、夏用マスクにおすすめです。

こちらはダイソーで昨年購入して、数回使用したものですが、今回はこちらを内布として使っていきたいと思います。

エアリズムなどもおすすめ

今回は使用しませんが、エアリズムなどの夏用素材の肌着なども、肌当たりがよく、内布として十分に採用できます。

100均冷感タオルよりもコストはかかりますが、自分用なら、着古したものも使えますので、試してみるのもおすすめです。

外布にはリネン、綿麻などを

外布には、リネン(麻)、綿麻などの通気性のよい素材がおすすめです。
麻や綿麻と一言に言っても様々な風合いの生地があるのですが、夏用のシャツやパジャマなどに使われるような、程よく薄手で涼しげなものを選ぶとよいでしょう。

それこそ、夏用パジャマなどの古着を再利用するのもいいですね。

今回は、こちらの綿麻の生地を使用します。

夏用立体マスクの作り方

1.生地を裁断する

まずは生地を裁断しましょう。

外布:縦18×横25cm
内布:縦18×横22cm

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする