WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

子供のお小遣いを報酬制であげる方法やメリットを紹介【金銭教育にもおすすめ】

#子育て #お金

momomisuke
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月19日更新

子供が小学生になると、お小遣いをあげているという家庭が増えてきます。

そろそろ我が家でもお小遣いを始めてみようと考えているけど、「どういう与え方をしたらトラブルが起きない?」「報酬制って教育的にどうなの?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子供のお小遣いを報酬制であげる方法を、メリットや悪い結果にならないための対処法と合わせて解説していきます。ご家庭での金銭教育にもなりますので参考にしてくださいね。

子供のお小遣いを報酬制であげる方法

子供のお小遣いを報酬制であげる方法は、下記の順番で実践できます。

①お金の大切さについて家族会議を開く

まず最初に家族会議を開き、お金について話し合うことが大切です。

・自分が生きていくためには、お金が必要だということ
・そのお金はお父さんお母さんが一生懸命働いて稼いでくれているということ

以上の2点はとても重要なので、最初に教える必要があります。

まだ理解が難しいようでしたら、お小遣いを渡すにはまだ早いといえるでしょう。もう少し年齢が上がってから再度検討してみてください。

お金のことについては、子供となかなか話しにくいと思うかもしれません。ですが、お小遣いは子供自身が実際に経験しながらお金について学ぶチャンスです。この機会に家族でお金の大切さについて話し合ってから始めてみてください。
 

②お小遣いを使う物を決める

お小遣いを使うものと親が払うものは、親子でしっかりと話して先に決めておきましょう。

例えば「学校で使う文房具や洋服」は親が払うけど、「学校には持って行けないキャラクターの文具やおもちゃ」はお小遣いから出すようにするなどです。

どこまでお小遣いで買うかは、家庭ごとの都合によっても変わってくると思います。
ただ、子供の欲しいものを何でも買ってあげていると、せっかくのお小遣いが意味のないものになってしまいますよね。

お小遣いを使うものの線引きをしっかりと決めて、家族できちんとルールを守れるようにしましょう。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ