WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【コロナ対策】ウイルスを部屋に持ち込まないために玄関でやるべき5つのこと

#防災対策 #ウイルス対策

ゆう0619
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月30日更新

気になるコロナ対策。できるだけ外出をしないことが大切ですが、買い物や仕事でやむを得ないときもありますよね。今回ご紹介するのは、ウイルスを部屋の中に持ち込まないために玄関でやるべきこと。家にあるものでできるので、家族や自分を守るために是非実践してみてください。

玄関でやるべきウイルス対策5選

①玄関の外にアルコールを設置する

部屋の中にウイルスを持ち込まないためには、ドアノブを握る前に手を除菌することが大切です。
おすすめなのは、玄関の外にアルコールを設置すること。
我が家はDAISOで購入したマグネットつき小物入れにアルコールジェルを入れ、玄関のドア横につけています。
外から帰ったら、ドアノブを握る前にアルコールジェルで除菌をすることで、ドアノブを介した感染を防ぎます。

②配達は置き配を利用する

お買い物に行けず、ネットショッピングを利用することも多くなりました。
我が家は基本的に置き配を利用しています。
玄関の前に置いてもらえば配達員さんの手間も軽減でき、感染予防にもなります。
配達員さんが置く場所に困らないよう、玄関前は片付け、ちょっとしたメッセージをドアに貼り付けていますよ。

③玄関にマスク置き場を設置する

外出時にマスクは必須です。
マスク置き場が決まっていないと、ついつけわすれてしまうことも。

我が家は玄関のシューズボックスの上にマスク置き場をつくっています。
家族4人分の布マスクを仕切って保管しています。
これなら、誰のマスクか分からなくなることもありません。
収納ボックスを買いに行けない場合は、手持ちの箱に牛乳パックを切ってはめ込むことで簡単に作れますよ!

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • ゆう0619

    1歳・4歳の2児の母&住まい系フリーライターです。 ちょっとした工夫で暮らしが豊かになるような情報を...

    フォローする