WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【2歳児】寝ない子はどう寝かしつける?眠らせるコツやおすすめ絵本を紹介

#子育て

othello
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月16日更新

2歳になると体力もどんどんついてきて、夜寝る時間になっても「まだ眠くない!」なんてことも増え、寝かしつけが上手くいかない日も出てきますよね。今回は、寝てくれない子に試してほしい寝かしつけのコツや、寝かしつけにおすすめの絵本をご紹介します。

寝かしつけに時間かかってしまって毎日大変!

2歳になると体力もどんどんついてきて、夜寝る時間になっても「まだ眠くない!」「まだ遊ぶ!」なんてことも増えてきます。

きちんと遊ぶ時間をとってあげられなかった日などは、特に体力が有り余っている様子。眠りたくない理由はわかるけど、それでも「なんとかして寝てほしい……」というのが親の本音ではないでしょうか。

今回は、なかなか寝てくれない子に試してほしい寝かしつけのコツや、寝かしつけにおすすめの絵本などをご紹介します。
寝かしつけにお悩みのパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。

2歳児はどれくらいの睡眠時間が必要?

赤ちゃんの頃とは違い、1歳を過ぎると昼夜の区別がハッキリつくようになるため、夜にまとまった睡眠をとるようになります。

2歳の時期は、一日に11~13時間程度の睡眠時間が理想的といわれています。
お昼寝で1~3時間、夜にまとめて10時間程度眠れるようにするとちょうど良さそうですね。

乳幼児期には脳や心が急成長するため、特にしっかりと睡眠をとらせることが重要です。
ライフスタイルによっては難しい人もいるかもしれませんが、できるだけ夜8時~9時の間には寝かしつけて、朝までしっかり眠れる環境づくりを心がけましょう。

2歳児を上手に寝かしつけるには?

夜の8〜9時ごろに寝かせようという体勢を整えていても、こちらの理想通りにはなかなか寝てくれないのが現実ですよね。
きちんと子供が寝ている家庭は、どのように寝かしつけをしているのでしょうか?

そこで、寝てくれない子供に悩んでいる人に試してほしい、親がしてあげられる寝かしつけのコツを紹介していきますね。

昼間に体力を使って遊ばせる

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る