WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

子供の「イヤイヤ期」を上手に乗り切る接し方は?親に必要な心構えを知ろう

#子育て #イヤイヤ期

othello
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月9日更新

2歳頃にピークを迎えるとされる「イヤイヤ期」。記事では、イヤイヤ期の子供との接し方や、イヤイヤ期が起こる理由についてお伝えしていきます。イヤイヤ期は親もストレスがたまりがちですが、感情的にならないよう子供との向き合い方を知っておきましょう。

イヤイヤ期で疲れてしまっていませんか?

ご飯を食べるのも「イヤ!」、お着替えも「イヤ!」、何を言っても「イヤ!」
いわゆるイヤイヤ期。

「何がイヤなの?」「どうすれば良いの?!」と、終わりの見えないイヤイヤ期にストレスが溜まり、お手上げ状態、という方もいると思います。イヤイヤ期は親の忍耐力が試される時期でもあります。なかなか一筋縄ではいきません。

そんなお悩みのパパママ必見!この記事では、イヤイヤ期の子供との接し方や、イヤイヤ期が起こる理由についてお伝えしていきます。

イヤイヤ期はいつからいつまで?

子供の成長によって個人差はもちろんありますが、だいたい1歳半を過ぎたくらいから「これはイヤイヤ期かな?」と感じる言動が増えてきます。

少しずつ言葉を発することが増えてきて、自分の感情を大人に伝えることができるようになるので、パパママも子供のイヤイヤを感じるようになるのです。

一般的に、1歳半頃からイヤイヤ期がはじまり、2歳を過ぎた頃にイヤイヤ期のピークを迎えるといわれています。いわゆる「魔の2歳児」というものですね。

ピークを過ぎると、3歳から4歳ごろにはイヤイヤ期は落ち着いていくようです。

どうしてイヤイヤ期を迎えるの?

イヤイヤ期は「第一次反抗期」ともいいます。
自立心や自我が芽生えてくることで、「自分でしたい」という気持ちや自己主張が増えてきます。

それなのに、まだまだ自分一人では上手くできないことがほとんど。自分の思い通りに物事が上手くいかないと、かんしゃくを起こしてしまうことも。自分で自分をコントロールすることも難しいので、とにかく動きも声も激しくなりがち。

「何か違うな」と感じているのに、「何がしたいか」が自分でもわからないので、とりあえず「イヤイヤ」としてしまうんですね。

でも子供は、イヤイヤ期の中でだんだんと、自分の好きなことやしたいことを理解していき、他人を思いやる気持ちや自分の感情をコントロールすることを学んでいきます。

無意味にイヤイヤ言っているわけではなく、子供の成長に必要な過程だということを理解しておくと、接し方も少し変わってくるのではないでしょうか。

イヤイヤ「期」ですので、必ず終わりがきます。「自己主張の練習をしているんだな」とあたたかく見守ってあげましょう。

イヤイヤ期はどんな子にも来るもの?

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る