WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【コストコ活用術】人気のさくらどりの美味しい食べ方&時短レシピ♪

#コストコ #レシピ #時短

管理栄養士 いそ まき
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月6日更新

コストコで人気がある大容量の鶏肉「さくらどり」のむね肉やもも肉を、ムダなく活用するための「下味冷凍」のやり方を紹介します。下味冷凍をすると、普段の料理がかなり楽になります。買ったはいいもののどう保存するか悩んでいる人は参考にしてください。
コストコの「さくらどり」のむね肉やもも肉は、安くたくさん手に入る上においしいので人気を集め、リピーターも多いですよね。
そんなさくらどり、皆さんはどうやって保存していますか? ただ冷凍庫に入れて、という方も少なくないのではないでしょうか。

今日は、大量に手に入ったお肉をムダなく便利に活用するための下味冷凍と、おすすめの味付けを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

コストコのさくらどりが人気のワケ

コストコで人気の食材の一つ、「さくらどり」。
さくらどりは国産の鶏肉です。パッケージには「SQF認証」という文言が大きく書かれています。

※SQF認証とは……農場から倉庫、売り場までの食品の品質と安全を守るための基準をクリアした国際的な認証のこと。

肉質は柔らかく、おいしくてとても食べやすいです。
そして気になる価格についてですが、

・もも肉・・・2.4㎏入り 2,118円(100gあたり約88円)
・むね肉・・・2.4㎏入り 1,098円(100gあたり約45円)

となっていました。(2020年4月時点)
時期によって変動がありますが近所のスーパーの通常価格と比べて、コストコのさくらどりはとても安いです! コスパを重視する方々から支持を集めているのも納得。

ただ、大容量での販売なので、買ったあとにどのように保存・調理すればいいか悩むところですよね

コストコのさくらどりは下味冷凍で便利に活用!

ここからは、コストコで人気大容量さくらどりの活用術です。さくらどりを買って帰ったら、まずは下味冷凍をしましょう!
今回、私が買ったのは2kg入りのさくらどりのもも肉です。

下味冷凍のメリットは、必要なときに好きな具材と一緒に炒めたり焼いたりするだけで一品が出来上がる=調理時間を短縮できて楽ができること!
完成した料理を冷凍するのとは違い、出来立てが味わえるので美味しくいただけるようになります。しっかり調味料が染み込むのでお肉も柔らかくなりますよ。

忙しい主婦にはおすすめの時短術です。量が多いのでしっかり味付けをしておけば作り置きにも活用できます。

材料

所要時間:15分
出来上がりの量:4~5食分(1食分当たり3~4人前)

・ジップロック4~5枚
・さくらどり2kg~2.4klg
・お好みの調味料 
  ※おすすめ味付けは下記に記載

下味冷凍のやり方

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 管理栄養士 いそ まき

    食で健康を支えたい。そんな思いで活動をしています。生活習慣病の予防は食習慣が大切です。みなさんの...

    フォローする