WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

マスクの蒸れ対策に!インナーマスクの作り方&縫わないアイデア3つ付き

#マスク #インナーマスク #防災

みか
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月20日更新

マスクの蒸れ対策に!使い捨てマスクの内側にガーゼ生地で作ったインナーマスクをセットして快適に使うアイディアをご紹介します。

使い捨てマスクを長時間していると、自分の息でマスクの中が蒸れて不快に感じることはありませんか?すぐに新しいマスクに交換できたらいいのですが、今のようにマスクが手に入りにくい場合はそうもいきません。

今日はそんな時に役立つ、使い捨てマスクの内側にガーゼ生地で作ったインナーマスクをセットして快適に使うアイディアをご紹介します。
今回ご紹介するインナーマスクは吸水性や通気性がよく肌触りも優しいです。何枚か用意しておけばいつでも交換できますし、繰り返し洗って使えるのもうれしいですね。

 

ダブルガーゼで作るインナーマスク

ダブルガーゼはその名前の通りガーゼが2重になった生地です。柔らかくて通気性もよいので、手作りマスクの材料としてもよく使われていますね。
今日はこのダブルガーゼ生地を使ったインナーマスクの作り方をご紹介します。

材料・道具

<材料>
●ダブルガーゼ 28×11センチ
手芸店や100円ショップで購入できます。
●ミシン糸

<道具>
●まち針
●はさみ
●チャコペン
●ミシン 
●アイロン
 

作り方

型紙を作る

12×9センチに厚紙をカットします。
インナーマスクを洗った時にに角が乾きやすいように、角は丸くしました。

カーブはこのように500円玉を当てて描きました。

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • みか

    ハンドメイドと料理が好きです。いつも何かを作っています。

    フォローする