WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

離乳食で食べさせたい豆腐の量は?月齢別の適量やおすすめレシピを紹介

#子育て #豆腐 #離乳食

othello
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月23日更新

離乳食は月齢や成長に合わせて食べる量を少しずつ増やしていきますが、どれくらいの量を食べさせれば良いの?と疑問を抱えているパパママも多いですよね。

今日は離乳食におすすめの食材の一つ「豆腐」に注目して、月齢別にどのくらいの量を食べさせていけばいいのか、おすすめの離乳食メニューと合わせて詳しくご紹介します。

豆腐にはどんな栄養が含まれている?

豆腐には良質な植物性たんぱく質が多く含まれています。

たんぱく質は、血や筋肉をつくるもととなる栄養素。

低カロリー高たんぱくですので、健康食や美容食とも呼ばれています。また、消化吸収が良いので赤ちゃんの離乳食にも向いているのです。

木綿豆腐と絹ごし豆腐では栄養分が異なる?

豆腐にもさまざまな種類がありますが、離乳食によく使われる木綿豆腐と絹ごし豆腐は作り方に違いがあるため、栄養価にも差が出てきます。

木綿豆腐は水分を絞って作っているため、栄養分がギュッと凝縮されています。絹ごし豆腐に比べるとたんぱく質や鉄分、カルシウムなどの栄養価が2~3割ほど高いのです。

一方絹ごし豆腐は、木綿豆腐にたんぱく質などは劣るものの、カリウムやビタミンB群が豊富に含まれています。

離乳食におすすめなのはどっち?

赤ちゃんにとって必要なたんぱく質が豊富なのは木綿豆腐ですが、まだまだ食べることになれていない離乳食初期には、口当たりの優しい絹ごし豆腐から始めるのがおすすめです。

木綿豆腐のボソボソした食感は、どうしても口からベッと出してしまいがち。

まずは絹ごし豆腐で慣らしてから、さまざまな食感に慣れてきた頃に木綿豆腐を食べさせてみてください。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ