WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

突然の長い春休みに!充実して子どもと過ごす方法【勉強編】

#子育て #勉強

はむ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月6日更新

新型肺炎の影響で、突然の長い春休みがやってきました。
働いているママももちろん大変ですが、家の中でずっと子どもと一緒に過ごさなくてはいけないママも大変ですよね。
筆者も同じく子どもとの過ごし方に毎日苦戦している一人です。 

毎日子どもと過ごしている中で、充実させるために実践している過ごし方をご紹介しています。前回はお手伝い編でした。

今回は勉強編です。

長い休みにやる気を保ちながら勉強をさせるにはコツが必要です。ちょっとした工夫でできますので参考にしてくださいね。

自分で予定を立てさせる

勉強を続けるコツは自分で予定を立てさせることです。

学校からの大量の宿題

学校から大量の宿題がでた家庭も多いのではないでしょうか。

 

筆者の家庭でも、全教科の宿題が大量に出されて子どもも困惑していました。短い休みであればそれなりの量ですが、今回は期間が期間だけにかなりの量!子どもも突然の大量の宿題にどう手を出して良いかわからないなんてことも……

 

こんなとき、子どもが計画をもって宿題をしてくれたら、かなり助かりますよね。

 

ざっくり予定表の作り方

そこでまず我が家では、子どもに予定を立てさせました。
予定を立てるといっても本当に簡単!細かい一日単位のスケジュール表なんて必要ありません。

 

我が家では、白い紙に“3/23/6まで”と1週間単位で日付を書き、「いつまでに宿題を終わりにするのか書いてみて」と紙を渡しただけです。

 

子ども自身で予定を立てさせることで、計画を持って宿題をすることができます。終わった宿題は斜線を引くようにすれば、どこまで終わったか、終わっていないかの可視化もできるので役に立ちますよ。

細かい予定表だと計画表を作って満足してしまうので、子どもにはこのくらいの予定表で十分です。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • はむ

    趣味は旅行、ホットヨガ、QUEEN、ラーメン。筆者が実践しているちょっとした工夫を紹介していきます。

    フォローする