WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

突然の長い春休みに!充実して子どもと過ごす方法【お手伝い編】

#子育て #お手伝い

はむ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月5日更新

新型肺炎の影響で、突然の長い春休みがやってきました。

働いているママももちろん大変ですが、家の中でずっと子どもの面倒をみなくてはならないママも大変ですよね。

筆者も同じく子どもとの過ごし方に毎日苦戦している一人です。

そこで今日は毎日子どもと過ごしている中で、充実させるために実践している過ごし方をご紹介します。今回は【お手伝い編】です。

お手伝いの内容をはじめ、子どもと筆者の感想もまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

子どもにお手伝いをさせよう

短い休みであれば、中々お手伝いさせる時間は取れないですよね。

しかし、今回のように長い期間の休みには子どもにお手伝いをさせる時間が十分にあります。そして、時間はたっぷりあるのでお手伝いを習慣化させるチャンス!

どんなお手伝いができるでしょうか。筆者の家で子どもにさせているお手伝いをご紹介していきます。

お手伝い①料理

子どもの休みともなれば、一日中ママがキッチンにいるなんてこともしばしば。

そこで筆者が一番に子どもに手伝わせてみたのが料理です。ポイントは毎日の料理を全部作らせてしまうこと!(もはや手伝いではありませんね)

我が家では、朝ご飯や昼ご飯、夜ご飯まで小4の長女の担当です。

基本的に、材料と何を作るかは軽くアドバイスしますが、あとは聞いてきたベースで答える程度にしています。また、揚げ物や切りにくい食材だけは注意して見てあげています。

もちろん後片付けも手伝わせています。手伝わせるというより、それも自分から全部やってくれるので、普段の平日より筆者の負担がかなり減って助かっています。

ポイント

・材料と何を作るかだけアドバイスし、口を出しすぎない

・多少の失敗は気にしない

・後片付けもやらせる

・なるべく本人が作りたいものを優先させる

ポイントを簡単にまとめましたが、子どものやる気を削がないことが大切です!

キッチンがぐちゃぐちゃでも気にせず、むしろ片付けまで任せてしまいましょう。ママがキッチンにいる時間が急激に減る上、子どもも楽しめるのでおすすめです。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • はむ

    趣味は旅行、ホットヨガ、QUEEN、ラーメン。筆者が実践しているちょっとした工夫を紹介していきます。

    フォローする