WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ダイソーの『ハワイアンコード』で『ワイヤーバッグ』を作る方法

ハワイで人気の出た「ハワイアンコード」。実は、ダイソーにハワイアンコードに活用できる商品が販売されています。今回は、ダイソー商品を活用して作る「ワイヤーバッグ」の作り方をご紹介します! #ダイソー #バッグ

aiko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年11月6日更新

『ハワイアンコード』とは?

「ハワイアンコード」とは、プラスチック製のコード状になっていて、アメリカでは昔から親しまれていたハンドメイドの素材です。

プラスチック製なので、丈夫で水に濡れてもへっちゃら!ビーチでも気軽に使えるので、特にハワイで人気が出たため、今では「ハワイアンコード」という名前で世界中で親しまれています。

この「ハワイアンコード」は主に手芸店やネット通販店で販売されていますが、ダイソーでも「ビニルコード」、「シャイニーテープ」という名前で販売されています。

今回は、ダイソーの「シャイニーテープ」と「あみつけネット」を活用して、「ワイヤーバッグ」の作り方をご紹介します!

材料&道具

【材料】
・ハワイアンコード(ダイソーでは「ビニルコード」、「シャイニーテープ」という名前で販売。6個程度必要。)
・ハワイアンネット(ダイソーでは「あみつけネット」という名前で販売。2枚必要。)
・バッグ用金具
・お好みでバッグチェーン

【道具】
・ハサミ
・小さいサイズのプラスドライバー
・カッター
・接着剤(塩化ビニルが接着できるタイプを選ぶ)
・工作マット
・ペンチ
 

ダイソーの『あみつけネット』

「ハワイアンネット」の代わりに、ダイソーの「あみつけネット」を活用。2枚必要です。

ダイソーの『シャイニーテープ』

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • aiko

    こんにちは♪年子の息子達の育児に奮闘中のママライターです。美術大学のデザイン科を卒業後、学校で美術...

    フォローする