WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ジーンズの裾上げは自分でできる!失敗しないコツとやり方

ジーンズの裾上げを自宅で自分で簡単に行う方法について解説します。
気になる長さの決め方や、ミシンでやるやり方、手縫いでやるやり方など、知っておくとジーンズスタイルの幅が広がります。 #リメイク #裾上げ

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年10月2日更新

手持ちに理想の長さのジーンズがある場合は、それに合わせて裾をカットするのが手っ取り早いです。

合わせるのは股下の長さです。

生地を伸ばさないように縫い目を基準に長さを合わせてゆき、仕上がりの寸法を決めるといいです。

裾上げ作業前にやること

ジーンズは、洗濯により大幅に縮むこともありうるため、カットしてしまう前に予め一度洗濯しておくことをおすすめします。
生地によっては、一度の洗いでは縮みきらないので数回の洗濯が必要となることもあります。

自分でジーンズの裾上げをするやり方

1.ミシンを使う

ご自宅にミシンがある場合、ミシンで縫えると時間的にも早く仕上がり、縫い目も美しくなります。

ただ、デニムはある程度の厚さがあるため、家庭用ミシンでは荷が重いという場合もあります。

縫い代の重なり部分の対処法

デニムの裾上げをミシンで行うときに最難関となるのは、縫い代が折り曲げられて重なった部分を縫うときです。
予め、そこの厚さを薄くする工夫をしておく必要があるでしょう。

・ペンチで潰したりトンカチで叩いて薄く伸ばす。
・縫い代が重なる部分の布を一部切り取る。(縫い目がほどけないよう注意)

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする