WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

グルーガンの種類や用途別おすすめランキング

さまざまな素材をすばやく接着できるグル―ガンは、工作・手芸・DIYなどにとても便利なアイテムです。100円均一でも購入できますが、それ以上の性能・機能を持つグル―ガンがたくさんあります。用途別におすすめを紹介しますので、みなさんの使い道に合わせて選んでみてくださいね。 #グルーガン

melon7
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年7月26日更新

グルーガンの選び方

低温タイプか?高温タイプか?

グルーガンには主に、『低温タイプ』と『高温タイプ』、また両方をあわせ持つ『切り替えタイプ』の3種類があります。

温度が120~130℃くらいの低温タイプは、紙・布・皮・木材などの接着ができる為、工作や手芸に向きます。
対象物を熱で傷めにくく、作業中のやけどのリスクが少ないので、お子様が使う場合には低温タイプがおススメです。

温度が170~210℃くらいの高温タイプは、表面がなめらかなガラス・プラスチック・金属などの接着に向きます。
低温タイプより接着能力に優れ、固着までに時間がかかるので、ゆっくり作業できることがメリットです。
また、インターネットなどで販売されているものの多くは高温タイプの為、付属品やさまざまな機能を選択できます。
機能性や使い勝手のよさを求める方、使用頻度の高い方には高温タイプがおススメです。

また、なんでも接着できる高温グルーガンがほしいけれど、お子様が使ったり、デリケートな素材を使用することもあるなど、シチュエーションや素材によって使い分けけるケースでは、両方の機能をあわせ持つ、切り替えタイプがおススメです。
 

スイッチは必要?

グルーガンには電源のスイッチが付いているものと、付いていないものがあります。
スイッチが付いているものは、手元でON/OFFの切り替えができますが、付いていないものは、プラグの抜き差しでON/OFFの切り替えをすることになります。

作業中のプラグの抜き差しは結構面倒なもので、つい差したままにしてしまい、グルーを余分に溶かして垂らしてしまうことも。
その為、使い勝手を考えるとスイッチが付いているものがおススメです。
 

電源コードは必要?

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • melon7

    読むこと、書くこと、つくることが大好きな、A型の獅子座です。

    フォローする