WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

カラーボックスに扉を取り付ける方法とおしゃれなDIYアイデア集

収納に便利なカラーボックスは、扉を取り付けると更に実用的に便利に使えるようになります。
この記事では、カラーボックスに扉を取り付けるリメイクDIYアイデアについてご紹介します。 #カラーボックス #収納

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年6月27日更新

扉をカラーボックスに取り付けるための『蝶番』に、扉を閉めるときに固定できる『キャッチ(マグネットキャッチなど)』、開け閉めに便利な『ハンドル』などが必要になります。

100均で手に入れられるパーツもあります。

カラーボックス扉の付け方①扉用木材を加工する

まずは、扉として用意した材料を、必要なサイズにカットします。
その後、必要に応じて、お好みの塗料でペイントしたり、断面にやすりをかけたりします。

ワトコオイルやブライワックスなどは、木材の風合いを格段にアップさせてくれるのでおすすめです。100均のニスなどもなかなかいい仕事をしますよ。

リメイクシートもおすすめ

DIYに慣れていないと、ペイントするのが億劫に感じることもありますよね。
そんな場合には、100均のリメイクシートなどを活用するのもおすすめです。

おしゃれな柄がいろいろ揃っているので、インテリアに合ったデザインも選びやすいのが利点です。

取っ手などの取り付けもここで

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする