WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

こんな時はどうする?グルーガンの剥がし方を素材別に徹底解説

#グルーガン

さんたまる
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年6月19日更新

手芸やDIYで、手軽に接着できるグルーガン。安く入手できるため、工作に重宝する人は多いのではないでしょうか。しかし、グルーガンも接着剤のひとつ。くっつけた材質によっては、剥がし方がそれぞれ異なるため注意が必要です。本記事では、グルーガンの剥がし方について素材別にご紹介いたします。

グルーガンの接着と剥がし方について

すぐに接着できるグルーガンは、小物作りや工作にとても便利なアイテム。しかし、手軽に接着できるだけに、間違って意図ない場所にくっつけてしまうなんてことも、よくあるのではないでしょうか。

グルーガンは、他の接着剤に比べて接着時間が短いうえ、接着力もそう強くはありません。そのため、大抵は静かに剥がすときれいに剥がれます。また、跡に残った糊も、接着したばかりであれば指で擦ったりすれば簡単に取り除けます。

ただし、キレイにはがれるかどうかは、接着した材質によって大きく異なります。ピタッと固定しているものを無理矢理剥がすと、素材同士が壊れたり、破れたりすることもあります。

そこで、素材ごとのグルーガンの剥がし方について、それぞれ詳しく解説していきます。

グルーガンで付けた木の剥がし方

グルーガンで接着した木を剥がす場合は、まずは温めることです。ドライヤーで温風をあてて、グルーが溶けてきたら、静かに剥がしてください。木に残ったグルーを取り除く際に、無理に剥がすと木の繊維ごと剥けてしまうこともありますから、先の平らな物で削ぎ落としてください。

また、無水エタノールをしみ込ませた布を木材の接着部に押し当てると、グルーが取れやすくなります。エタノールは気化するので、跡は残りません。

木材に染みこんでしまったグルーは、残念ながら取ることは不可能です。

グルーガンで付けたプラスチックの剥がし方

グルーガンでプラスチックやガラスを接着した場合、高温タイプのグルーガン(130~150℃でグルーが溶けるタイプ)で接着してあることが多い傾向にあります。このような場合は、グルーガン接着の中でも、しっかりと固定されているものがほとんど。そのため、プラスチックの接着部分をドライヤーで温めるか、熱めのお湯につけてグルーを柔らかくしてからゆっくり剥がしてください。

中には高温に弱いプラスチックもありますから、温める時は少しづつ試してください。

より効果的に剥がしたい場合には、無水エタノールが効果的です。エタノールがない場合は、ライターのオイルでも代用できます。
 

グルーガンで付けた紙の剥がし方

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る