WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

クローゼット収納の定番・無印ポリプロピレンケースの選び方ともっと使いやすくなる100均アイテムの収納法

トップスやボトム、下着類。そしてストールや手袋など小物類までアイテム数も多く形も色々な物を「どこにどうやってしまうのかよくわからない」という悩み解決しませんか?クローゼット収納の無印ポリプロピレンケースがもっと使いやすくなる100均プラスの使い方と選び方をご紹介いたします。 #100均DIY #収納 #無印良品 #クローゼット収納

川根礼子
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年4月23日更新

収納のお悩みランキングの上位に常に入っているクローゼット収納

トップスやボトム、下着類。そしてストールや手袋など小物類までアイテム数も多く形も色々な物を「どこにどうやってしまうのかよくわからない」そんなお声も良く聞く場所です。

また大きな空間を持て余して、空いているスペースに何となく物をおいておくだけ、そんな風にしてしまうとあっと言う間に散らかってしまう場所でもあります。

ではどんな収納用品を使えば数ある洋服や小物類がスッキリ使いやすくしまう事ができるのでしょうか?

クローゼット内の収納法としては、大きく「吊るす」と「引き出しにしまう」に分かれます。

その中で「引き出しにしまう」際、お片づけのプロの中でも人気の高い収納用品が無印良品のポリプロピレンケース(以下、PPケース)
 

人気の理由としては…

・無印良品の定番商品なのでいつでも買い足しができる事(家族のライフステージにあわせられる)
・シンプルな形(使いまわしがしやすい)
・サイズが豊富(我が家にピッタリなサイズで揃えられる)
・軽い・手入れがしやすいなど扱いが楽(引っ越し時も楽)
・別売りのキャスターをつけられる(掃除が楽になる)
などがあげられます。

以上の理由から我が家でもクローゼット内の引き出しは気づくと全て無印のPPケース。

今回はそんな人気のPPケースを徹底大解剖!?
あわせてPPケースと組合わせるとグーンと使いやすくなる100均のアイテムもご紹介致します。

クローゼット内のポリプロピレンケースの選び方

ポリプロピレンケースの商品データ

①    ポリプロピレン衣装ケース(約幅40×奥行65cm)
②    ポリプロピレンクローゼットケース(約幅44×奥行55cm)
③    -1 ポリプロピレン収納ケース・横ワイド(約幅55×奥行44.5cm)
③    -2 ポリプロピレン収納ケース(約幅34×奥行44.5cm)
(③は奥行が一緒なので組み合わせて使ってもスッキリ収まります)

クローゼットで衣類を収納するのに適しているPPケースは上記の4種類。
各種ケースの高さサイズは共通しています。
・深 → 30cm
・大 → 24cm
・小 → 18cm
 

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • 川根礼子

    「お片づけ」「物」「楽家事術」で女性の暮らしをサポート。沖縄・宮古島の整理収納アドバイザーです。

    フォローする