WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

寝ながら脂肪を燃やす!睡眠改善で楽痩せダイエット法7選

#ダイエット

chis04
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年4月2日更新

レプチン

レプチンはダイエットにとても重要な、食欲を制御するホルモンです。
脂肪細胞で分泌され、脳に「お腹がいっぱい」という信号を送る働きをしています。
また、エネルギーの消費を高める役割もあります。
レプチンは、睡眠時間が短くなるとどんどん分泌量が低下してしまうので、しっかりと眠ることが大切です。


 

グレリン

グレリンはレプチンと対極にあるホルモンで、ダイエットと深く関係しています。
睡眠時間が短いと太ると言われている原因は、このグレリンにあります。
実は、ダイエットの中の悩みの種である、食欲を増進させるホルモンなのです。
胃から分泌され、脳に「お腹がすいた」という信号を送る働きがあります。
また、レプチンが睡眠不足で減るのに対し、グレリンは睡眠不足によって増えてしてしまいます。

良い睡眠をとるために

痩せホルモンの恩恵をしっかりと受けるためには、良い睡眠が必要不可欠です。
きちんと睡眠時間が取れたり、良質な睡眠ができて「ぐっすり眠れた」と思った時に、快眠できたと思う人が多いのではないでしょうか。
良い睡眠をするために、睡眠のサイクルについてご説明します。

睡眠のサイクルは1セット90分

睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」があり、この2つを1セットと考えます。
4~5回繰り返すと、朝すっきりと起きられたり、「よく寝た」という満足感が得られると言われています。
個人差はありますが、1セットが約90分なので、7~8時間は眠るようにしましょう。

楽痩せダイエット法7選

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • chis04

    お菓子作りが趣味の主婦です。美容やインテリアが好きなので、みなさんの役に立つ記事をお届けしたいです。

    フォローする