WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均のUVレジン液ってどう?実際に比較してみました

レジンアクセサリーブームに合わせてUVやLED・太陽光など様々なレジン液が発売されました。それでもやっぱりお値段が高いレジン液。はじめての方にお試しいただき100均のレジン液について比較してみました。
#100均DIY #UVレジン

crafts
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年3月8日更新

はじめにレジンって?

レジン(resin)とは英語で「樹脂」のこと。
主にエポキシレジン(2液混合)とUVレジン(紫外線硬化)の2種類です。

それでは比較前に簡単にこの2種類の特徴を見ていきましょう。

レジンの種類と特徴

エポキシレジン(2液混合型)

主剤と硬化剤の2種類の液体を混ぜることで化学反応を起こし、硬化させるタイプのレジンです。(2液の名称は商品により異なります。)

完全に硬化するまでに、使う量や気温などの環境に左右されますが、1日から3日ほどかかります。
厚く固めることが可能で応用力が高いので、より立体的な作品を作りたい場合は、こちらのレジンが適しています。

UVレジン(紫外線硬化型)

こちらは1液型。紫外線を当てることにより硬化します。

UVライトなどの器具を使えばたった5分で硬化が完了し、エポキシレジンよりも早く作業ができるというメリットがあります。UVライトがなくても、良く晴れた日の太陽光に当てておくと、早くて30分から1時間くらいで硬化させることもできるようです。

紫外線が届く範囲しか硬化しないので、あまり厚く盛りすぎた作品の硬化は厳しいです。
ただ、いきなり盛りすぎるのではなく、硬化→重ね塗りを何度か繰り返し行うことで、ある程度立体感のある作品も作れますので、工夫次第でオリジナルアクセサリー作りが幅広く楽しめます。

100均にあるものはほとんどこのタイプです。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • crafts

    DIYやハンドメイドが大好きです!いろいろとご紹介できたら嬉しいです。

    フォローする