WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

詰め込んだだけの押入れ収納を100均で大変身させた方法を公開!

押し入れの収納って使い方が難しいですよね。頻繁に利用する場所でもないので、つい気付けば普段使わないものを、詰め込むだけのスペースになってしまいがちです。見せる場所ではないので収納にかける予算はなるべく抑えたいところ。今回は100均グッズを駆使して、押し入れを大変身させてみました。 #ダイソー #100均DIY #収納

ichiko115
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2019.2.3 / 作成:2019.2.1

いかがですか?
最初のぎゅうぎゅうと詰め込んでおしまいだった押し入れからは、かなりスッキリしたと思います。
何より、ものが取り出しやすくなりました。
これなら今まで物を保管するだけで終わっていて、あまり使うことのなかった押し入れですが、他の部屋の物をこちらに移動させて使ったりと、有効活用できそうです。

押し入れは3段に分かれていることが多いと思いますが、上下の2段は手が届きにくかったり、しゃがんだりと使いづらいです。
真ん中のゴールデンゾーンを中心として、使いやすいようにカスタムしていくと良いでしょう。

私も、上下の段は主に使用頻度の比較的低い、来客用の布団類を収納するスペースにしました。
それでは、ここから私が使用した100均グッズの紹介です。

使うのはダイソーの100均グッズだけ!

1.布団収納は、梱包用フィルムでぐるぐる巻きに

押し入れの中で1番場所を取るのが、来客用やシーズンオフ中の布団だと思います。
布団圧縮袋などを賢く活用されている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
私も以前は圧縮袋に入れて保管をしていたのですが、使う度に圧縮袋から出して、またしまって…という作業が億劫になったことと、圧縮袋が数回使うと機能面で衰えを感じてきてしまうことに気づき、やめることを決意しました。

オシャレ収納を得意とする方のインスタグラムを拝見すると、布団収納はIKEAのSKUBBという硬めで自立するタイプのケースが人気です。
しかし、掛け布団1つ入れられるケースが1500円程と、なかなかいいお値段です。
4つ揃えたとしたら、それだけで6000円程かかる計算になりますね。
皆さんSKUBBでとても綺麗に収納されているので、私もいつかはやってみたいですが、とりあえずはコストを抑えて整理整頓をしようと思い、100均グッズでどうにかできないかと考えました。

そして考えついた方法がこちら。


 
この梱包用フィルムで布団をぐるぐる巻きにして、コンパクトにするのです。

この商品、薄いラップのようなフィルムがロール状に巻かれた物なのですが、とても便利なのです。くるくるっと何にでも巻きやすいこと、柔らかいので手でもブチっと切れること、結んだりせずとも巻きっぱなしで固定されること、などの理由からとてもお手軽に物の梱包ができます。

程よい大きさに畳み、ぐるぐる巻きにした布団を、さらにこのフィルムで3箇所くらい巻いていきます。
すると、あっという間にコンパクトな布団ロールの出来上がりです。
私は押し入れの、上のスペースの幅に合わせて、一番かさばる敷き布団を畳み、収納しました。
掛け布団は、下のスペースに入る大きさに畳んで、ぐるぐる巻きに。
枕もぐるぐる巻きで収納しています。
できれば、これらに何かカバーを付けて収納できるともっと良かったのですが、今のところちょうど良いものが見当たらなかったので、そのままにしています。

布団にかけるカバー類はまとめて畳んでぐるぐる巻きにして、いらなくなった枕カバーにまとめて入れました。

これだけの手間で、布団類がグッとコンパクトに収まり、かなりスペースの有効活用ができるようになりました。
 

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ichiko115

    2人の息子の子育てに奮闘中です。多少手間がかかっても、ちょっと不格好でも、「自分でやってみる」こと...

    フォローする