WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

詰め込んだだけの押入れ収納を100均で大変身させた方法を公開!

押し入れの収納って使い方が難しいですよね。頻繁に利用する場所でもないので、つい気付けば普段使わないものを、詰め込むだけのスペースになってしまいがちです。見せる場所ではないので収納にかける予算はなるべく抑えたいところ。今回は100均グッズを駆使して、押し入れを大変身させてみました。 #ダイソー #100均DIY #収納

ichiko115
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2019.2.3 / 作成:2019.2.1

引っ越した当時のままの押し入れ

これはお恥ずかしながら、つい先日までの我が家の押し入れです。
この家に引っ越してきて、3年ほど経ちますが、この押し入れの収納に関しては本当に無頓着でした。
写真を見て頂くとお分かりになると思いますが、使わない鍋ぶたからパソコンのソフトの空き箱まで、適当に並べられています。
普段使わないものを、まさに「押し入れ」る場所としか考えていなかったのです。

その為、引っ越しに使ったダンボールをそのまま利用し、適当に物を入れて詰め込んでおしまい、でした。これと同じような状況の方、実は少なくないのではでしょうか?

「使いやすく、見た目もできるだけ綺麗にしたい。でも、普段人に見せる場所ではないので、収納に高いお金は掛けたくない。」という事で、今回は100均グッズを駆使して、このごった返した押し入れを実際に整理してみました。
 

まずは中のものを確認して、「いる」「いらない」の仕分けから

整理整頓は、まず何があるのかを自分で把握することから始めます。
「いる」「いらない」と分別していくことで、ぎゅうぎゅうだったスペースも意外といらないものだらけだったということもあります。

私も、この押し入れの中に何をしまっているのか、はっきり把握していませんでした。
ダンボールをどんどん開けていくと、実は中はスカスカ状態のものもあったり、これいつ着るの?というような、昔着ていた部屋着が見つかったりしました。
つまり、引っ越しの準備をした当時は、「とにかく物をダンボールに詰めなくては!」と思い、何でもかんでもとりあえず引っ越し日までに身の回りのものをダンボールに入れていったんだと思います。
引っ越した後は後で、「とにかくダンボールだらけの部屋をどうにかしたいから、収納スペースにダンボールごと入れちゃおう!」と思い、そのままにして今に至る、という感じだと思います。

このような経緯ですので、物の仕分けをしたらいらない物が多く見つかり、かなりスッキリしました。

押し入れの収納攻略のコツは、高さと奥行きを生かすこと

押し入れがどうしても収納場所として使いづらいのは、その高さと奥行きにあります。
高さゆえに物をどんどん積み上げるだけになってしまったり、奥行きがあるのでただ詰め込んでいくだけだと奥のものが取れない、ということになってしまったりします。
押し入れを収納スペースとして有効活用する際には、この高さと奥行きを生かす収納をしていきましょう。

具体的には、押し入れ内に棚を設けて空間を仕切ることや、蓋つきのボックスを重ねることなどが有効です。この後、実際にこれらの工夫のために使用した100均グッズをご紹介します。
 

大変身後の押し入れはこちら

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ichiko115

    2人の息子の子育てに奮闘中です。多少手間がかかっても、ちょっと不格好でも、「自分でやってみる」こと...

    フォローする