WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

押入れがない部屋の布団収納アイデア6選

押入れがなくて、かさばる布団を収納する場所がない・・。
押入れがなくても大丈夫ですよ!
我が家流、押入れがない部屋の布団収納実例を色々な方法で試してみました。
#押入れ #布団収納 #収納

y-kurashi
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年1月25日更新

押入れは布団収納に適している

押入れとは、寝具・道具などを入れておく所。対してクローゼットは衣類などを入れる所。そもそも使う目的が異なります。

古くから日本の住宅にある、引き戸式の大きな押入れは、腰の高さに目一杯の棚があり、上段下段に分かれていて、奥行きもあるから重ねて布団収納しやすいですよね。ですが服が中に掛けられないため、服の収納には不向きです。
押入れって何となく古くておしゃれなイメージはないですが、大きな押入れが一つ家にあったら布団収納に困らないのになぁと思います。

 

押入れがない家は多い

我が家は4LDKで、和室は一部屋だけです。その和室の収納スペースは、押入れと呼ぶには狭い開き戸式収納のみ。押入れはないに等しい状態です。
最近は洋室のみで収納は縦型のクローゼットしかない、という家も多いですよね。

 

クローゼットは布団収納に不向きである

多くのクローゼットは縦型でハンガーパイプが設置してあり、やはり布団ではなく服を掛けて収納することを前提として作られているスペースということが解ります。
我が家の寝室は洋室なので、収納スペースは当然クローゼットです。和室まで布団を運ぶのは大変手間がかかるので、布団はクローゼットに収納するしかない、ということになります。

押入れに比べてクローゼットは、あまり奥行きがない場合が多く、また棚は背の高さよりも上の方にあり、重い布団の出し入れには不向きです。
我が家は、寝室の縦型クローゼットに無理やり、床の位置から布団を重ねて収納していた時期もあったのですが、重ねた布団が雪崩のように崩れてくる、取り出しにくい、湿気がたまりやすくてカビ生える、と散々でしたのでこの方法は諦めました。


 

布団収納アイデア~クローゼット編~

では部屋に押入れがない場合はどのように布団を収納すればいいのでしょうか。
押入れがないに等しい我が家でのアイデアをひとつづつご紹介しますね。

テーブル型収納を利用する

こちらホームセンターなどで購入できる、テーブル型収納です。ほとんどのものが伸縮式で幅を変えることができます。また、重ねて使うこともできます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • y-kurashi

    日常をいかに楽しく楽にお安く、かつ素敵にできるか。 それが毎日の生活のテーマです。

    フォローする