WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

毛糸も楽しめる【フリーステッチング】サイコロ型のプチクッションの作り方

刺繍糸だけではなく、毛糸も楽しめる【フリーステッチング】今回は、毛糸を使ったサイコロ型のプチクッションの作り方を紹介します。オブジェなど冬のインテリア雑貨として活用できるほか、チャームやペンダントなどアクセサリーとして展開が楽しめるアレンジ方法も併せて紹介します。
#毛糸 #フリーステッチング

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年1月21日更新

極太用のフリーステッチングニードルの特徴

クロバーのフリーステッチングニードルには、刺繍糸用の1本取・3本取・6本取と中細毛糸用の【極太】があります。
今回は、中細毛糸用の【極太】を使います。

ニードルの刺繍糸用と毛糸用は、基本的な使い方はほとんど同じです。
ただ1点だけスレダーの通し方が異なります。

まずは、極太のスレダーの通し方から紹介します。

スレダーの通し方

1.ニードルの側面にある穴にスレダーを通します。

2.そして、そのままの状態でニードルの筒状にスレダーを通します。

角度を変えた画像はこのようになります。
一度に、ニードルの側面の穴とニードルの筒に通すことになります。
刺繍糸用に比べて手間がなく、とても簡単!

3.スレダーの輪に毛糸を通します。

4.スレダーを一気に引き抜きます。

ニードルの先から3cm位毛糸を出しておけば、これで準備はOK!

サイコロ型のプチクッションの作り方

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。

    フォローする