WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

革小物を作ろう!下準備編 ①必要な道具をそろえましょう

#革 #革道具

kuma10
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年11月26日更新

<材料>
使いたい革適量
縫い糸適量

<道具>
カッティングボード
金属製定規
鉄筆
絵筆
菱目打ち(四本・二本)
木製ハンマー
革用カッター
ゴムボード
縫い針
ディバイダ
革ポンチ
へり切り
トコノール
接着剤
着色剤
スリッカー(代用品)
クリップ各種

刃物を使う作業が楽です「カッティングボード」

最近では100円ショップなどでも各種売られていますが、一枚は大判を用意しておくと良いでしょう。

「金属製定規」vs「革包丁」

カッティングボードの上で革を切る時に、本来は革包丁というものを使います。ちょっと趣味の範囲を超えてしまう値段の物が多いので、代用品をご紹介いたします。大型のカッターでもいいのですが、おすすめは「別切り」と呼ばれている物。千円以下で買えます。定規は金属製の物を使わないとあっさり削られてしまいます。アルミ製すらおすすめできません。鉄製を。

代用品が思いつかない「ゴムマット」

使い方は後ほど「菱目打ち」の項で説明いたしますが、ホームセンターなどで手に入ります。

二人はいつも一緒「木製ハンマー」と「菱目打ち」

ハイ出ました。レザークラフト専用道具「菱目打ち」です。私自身革製品はミシン縫いはしておりません。全て手縫いです。普通の布と革では縫い方が違うであろうことは想像出来ますよね。まず革に穴を開けて、穴の通りに縫っていきます。その穴を開けるのが菱目打ちです。木製ハンマーで縫い穴をトントンしていきます。この時、革の下にゴムボードを敷いておかないとテーブルに穴が開いちゃいます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • kuma10

    釣りとバイクとギターとレザークラフト。 昭和の不良オヤジです。

    フォローする