WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

パンをいつまでも美味しく食べる保存方法を考えてみました

#保存方法 #パン

hayama8
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年11月8日更新

食パン・ロールパン・クロワッサンなどは、その日のうちに食べきれない分は、
冷凍保存しちゃいましょう。

冷凍庫で保存することにより、水分がパンから抜けていくことが防げます。
パンのしっとりとした食感をそのままに保存することが出来ますので、
冷凍庫から出せば、いつでも美味しいパンが食べることが出来るのです。

保存方法は、一つずつラップで包む→その後ジップロックなど袋に入れて
冷蔵庫で保存します。

2重にするのは、冷凍庫のにおいがパンに移るのを防ぐ為です。

一つづつ包んでいますので、食べる分だけ取り出せます。

保存期間は、2週間を目安にしてください
これ以上保存していると、少しずつですが冷凍庫のにおいがパンについてしまいます。

食パンのような何も入っていないパンの方が特ににおいがうつりやすいので、
2週間くらいでは、食べきるようにしてくださいね。

冷凍保存に向いていないパン

多くのパンは、冷凍保存出来ますが、保存に向いていないパンもあります。

生のフルーツがのっているパンは、解凍した時にフルーツがべちゃとなってしまいます。

カレーパンも中身に入っているカレーによっては、解凍後食感が変わってしまうので、
冷凍保存は、あまりおススメできません。

総菜パンは、その日に食べられ分だけ購入するようにしましょう

美味しく食べる解凍方法

冷凍パンを美味しく食べる解凍方法

食パン→冷凍庫から出して、そのまま、トースターで焼く。
    常温で解凍しなくても、サクサクに焼き上がります。

ロールパン→常温で解凍してから、トースターで焼く。
      解凍しないまま焼くと、真ん中が凍っていることもありますので、 
      一度解凍してから、焼いてください。

クロワッサン→こちらも、常温で解凍してからトースターで焼きますが、
       2~3分焼いてから、スイッチを切ってそのままトースターの中に
       おいておきます。これで焼く立てのサクサクとした食感がよみがえります。

ベーグル→これも冷凍庫から出して、すぐに焼くと中心部分が解凍出来ませんので、
     一度常温で解凍してから、トースターで焼いてください。

直ぐに食べたい時に、電子レンジを使う時もあると思いますが、
その時は、短時間だけ30秒で一度解凍出来ているか見るとして使うようにしてください。

電子レンジを長い時間1分や1分30秒してしまうと、
パンの水分が飛び過ぎてしまい、ぱさぱさになってしまいます

ですので、電子レンジを使う時は、短い時間にしてくださいね。

これで焼きたてのふわふわとした食感が味わえます。

家で焼いたパン、お店で買ってきたパンは、
冷凍保存することをおススメします。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • hayama8

    食べる事、作る事が好きな主婦です。特にパンが大好き。362日パンを食べています。

    フォローする