WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

材料3つ!《濃厚バニラアイスの作り方》混ぜるだけで本格的な味に

濃厚で本格的な味のバニラアイスが簡単にお家で作れます。たくさん作って常備しておけば急なお客様にも喜ばれますよ。基本の作り方とアレンジレシピを紹介します。 #アイス #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.8.9 / 作成:2018.8.7

美味しいバニラアイスを作るには新鮮な材料を使う

これはお菓子作りの基本ですが、材料は必ず新鮮なものを使用します。
衛生面から新鮮なものを使うのは当然ですが、例えば生クリームや卵は新鮮なものほどよく泡立ちます。消費期限がまだだから大丈夫ではなく、なるべく買ったらすぐ使うようにしましょう。

生クリームは動物性脂肪タイプを使用する

アイスクリームには生クリームを使用しますが、価格が高い、高カロリーなどの理由で植物性脂肪のホイップを使用する方もいらっしゃるかと思います。

お菓子作りには「低脂肪のもの(牛乳・ヨーグルト)や植物性生クリームを使わないでください」と書いてあることがありますが、低脂肪や植物性がなぜいけないのか、皆さんご存知でしたか?

動物性脂肪と植物性脂肪の違いとは?

お菓子作りの材料に生クリームと書いてあると、動物性脂肪と植物性脂肪どちらを使うか迷ったことはありませんか?仕上がりに違いが出るの?と、疑問に思いますよね。

実は、この2つ仕上がりに大きな差が出ます。

動物性脂肪タイプとは

本来「クリーム」とは、生乳、牛乳、特別牛乳から乳脂脂肪分以外の成分を取り除いたもの、つまり「乳脂肪分」だけを原料とし、その脂肪分は18パーセント以上で無添加のものだけをいいます。一般的にいう「生クリーム」がこれに当たり、『純生クリーム』と表記されて販売されています。

それ以外のものはクリームとは呼びませんが、乳脂肪に乳化剤や安定剤などの添加物を加えたもの「純乳脂肪」と呼び、普段私たちが「生クリーム」として購入しているものはこちらのタイプのほうが多いのではないでしょうか。「純乳脂肪タイプ」は生クリームを原料としており、原材料名に「クリーム」と表記されています。

【特徴】
・泡立ちやすい
・コクがあって濃厚な風味
・価格が高い


○本来は「純生クリーム」を使用しますが、クリームと風味は変わらないので「純乳脂肪」を使用してかまいません。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする