WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

折り紙の「立体風車のふた付き箱」の作り方

#折り紙 #箱 #折り方

and_me
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年7月28日更新

今回は、立体の風車のような形がオシャレな「ふた付き箱」を作ります。ちょっとした贈り物に使える「凝った印象」の箱が折り紙で作れたら…、そんな時はありませんか?難しそうな箱ですが、コツさえ分かってしまえば意外にカンタンに作れますよ。ぜひトライしてみて下さいね♪

①ふたのパーツを作る

折り紙を用意します。(ふた、箱本体それぞれ4枚ずつ、合計8枚必要になります。)

裏に返します。画像のように水色の線で谷折りにして、折りすじを付けます。

次は、ピンクの線で山折りにして折りすじを付けます。

水色の線を谷折りにしたら、折りすじに沿って上部を折りたたみます。これで一つのパーツが出来上がりました。

同様に折って4つ用意します。

②パーツを組み立てる

クリップを用意します。(なくても大丈夫ですが、作業がしやすいのでおススメ。)ピンクの1枚目に、画像のように黄色の2枚目を重ねたらクリップで固定します。このようにして残り2枚をつなげていきます。

4枚つなげ立体的になったところです。

次は角を画像のように中心に寄せながら、中心にある×印の折りすじを利用して、下に軽くたたんでいきます。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • and_me

    はじめまして。机の上でカンタンにできる、100均材料などを使う工作系「簡単DIY」が好きです。

    フォローする