WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【ママ工作♪】100均の「おはじき」で幻想的なキャンドルホルダーの作り方

キャンドルホルダーは100均で材料がそろい簡単に作ることができます。癒しの効果もあるので、キャンドルを生活に取り入れるステップアップにぜひ挑戦してみてください。 #100均 #工作 #キャンドルホルダー

2018.4.9

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.4.9 / 作成:2018.4.5

癒し効果のあるキャンドルを生活に取り入れよう♡

出典 o-dan.net

キャンドルには不思議なパワーがあります。中には、実験をしてその効果をしっかり実証しているものもあります。

【人をリラックスさせる効果がある】
実験をして、現代人の特長ともいえる、時間・タイミング・人間関係から生まれる「身体」と「心」の、強いストレスである「筋電位と脳波の和の平均」が電灯を消した部屋で「キャンドルを灯す」環境操作で下がりました。つまり、「キャンドルを灯す」ことでストレスが和らぐことが解明せれました。

【食卓にキャンドルを灯すと和む】
実験で、「キャンドルのない会食」に比べ「キャンドルを灯した会食」は、会食前から会食後にかけて平均イライラ度(SUD)は、明らかに下降することが実証されました。

【マイナスイオン効果】
キャンドルを燃やすと二酸化炭素が発生して空気が薄くなると思われる方も居るかもしれませんが、なんとマイナスイオンを発生させています。キャンドルに火を灯せば、家にいながらにして森林浴気分が味わえるのです。

【消臭効果】
キャンドルの炎には汚れた空気を清浄化する効果があります。

【風水効果】
キャンドルは、開運を運んでくるアイテムです。「火」の気を持ち、悪い気を断ち切ってくれ、気持ちを上げてくれます。オレンジ色の気をまとっているので美容運や人気運を上げてくれるかも♪

こんなイロイロ良い効果があるキャンドル♪もし最近イライラすることがあったら、夜にキャンドルを灯せば、心身ともに癒されて良いかも♪

 

参考ホームページ

今回作る工作

主に100均の「おはじき」と「ガラス製の容器」を使って作る「キャンドルホルダー」です。
海外の雑貨店で売っていそうな可愛い見た目、「おはじき」のカラフルなマーブル模様が際立って、「おはじき」ごしに見る炎の揺らめきが幻想的で心が癒されそうですね♪

【作るポイント】「おはじき」を貼るガラス製容器の選び方

出典 o-dan.net

「おはじき」を貼るガラス容器の選び方をご紹介します。ポイントは2つ、①使用する「ティーライトキャンドル」が入る大きさである事。ガラス容器の底面にキャンドルが入らなければ、そもそもキャンドルホルダーとして使えませんので注意!作る前に確認してください。②ガラス容器は無地の物。上から「おはじき」を貼るので、土台となるガラス容器に文字が書いてあると見た目が悪くなる可能性があります。

以上の2つのポイントを押さえて、家にあるグラスや空き瓶で作ってみましょう♪私は丁度良い容器が家に無かったので、100均のグラスを購入して作りました。

今回はガラス容器での作り方をが紹介しますが、「ペットボトル」でも出来るみたいです。ただし、見た目の問題や、もしもキャンドルの炎がペットボトルに引火した時のことを考えると、ある程度の耐熱性のあるガラス容器の方がオススメです。ほぼ「キャンドルホルダー」として使わず、子供の夏休みの工作として学校に提出するのであれば、割れにくい「ペットボトル」の方がオススメかもしれません。

材料

制作に必要な材料をご紹介します♪

・100均の「おはじき」1~2袋(「おはじき」を貼るガラス容器の面積によります。)
・ガラス容器(グラス又は空き瓶など)
・ティーライトキャンドル
・ホットボンド(3~5本程度の補充用の芯もあれば安心♪)

 

作り方

「おはじき」を選ぶ。確認する。

作る前にまずは、「おはじき」の「色」と「大きさ」見てください。1袋の中に、時々使えない「おはじき」も入っています。形がゆがみ過ぎている物、製造過程でついた汚れが取れない物などあります。今回私の購入した「おはじきセット」は、黄色が多めに入っていました。バランス良く積極的に黄色の「おはじき」を使わないと余ってしまうことが分かりました。グラスの形は下の部分に向かってすぼんでいっているので、グラスの上の部分に貼る「おはじき」はやや大きめサイズを選び、グラスの下部分に貼る「おはじき」はやや小さめを選ぶとバランスよく貼れると思います。

ホットボンドで「おはじき」を貼る。【一列目】

貼る時は、ホットボンドをグラスではなく「おはじき」に付けた方が綺麗に付きます。ホットボンドは熱いので火傷に注意!!液が出る部分と液自体がとっても熱いです。
グラスのフチに近い上部分の「おはじき」が綺麗に並んでいた方が、仕上がりが美しく見えます。「おはじき」はいびつなので、後からドンドン貼った時のバランスが崩れてしまいます。これは、しょうがない!なので、1番初めにグラスの上の部分から「おはじき」を貼っていきましょう♪
1個目♪
2個目♪
3個目♪
12個目♪今回のセットには黄色の「おはじき」が多めだったので、黄色の「おはじき」を意識してバランスよく多めに使っています。

グルースティックが糸のようになった時。

ホットボンドの芯(グルースティック)は熱で溶けてドロドロになります。時々、糸のように細長く伸びて制作の邪魔になります。そんな時は、糸を見つけたら、指でつまんで毎回取る事をオススメします。全部「おはじき」を貼ってから糸を取ろうとすると、「おはじき」同士に挟まれて取れない場合があるからです。

ホットボンドで「おはじき」を貼る。【二列目】

二列目は、一列目の「おはじき」の間に貼ります。もちろん、これはお好みなので、一列目の真下に貼ったり、違うデザインにするのはご自由に☆
一個目♪
二個目♪
3個目♪
半分くらい二列目の「おはじき」を貼っていくと、だんだん位置がズレていきます。そんな時は、小さめの「おはじき」を連続で貼るなど、「おはじき」の大きさで微調整します。特に最後の3個くらいは、貼る前に本当にピッタリ敷き詰められるか確認しましょう。
二列目、完成!

ホットボンドで「おはじき」を貼る。【三列目】

二列目の方法と同じで、三列目は二列目の「おはじき」と「おはじき」の間に貼ります。気を付ける事は私同様に「おはじきセット」を1袋しか購入していない人は、残りの「おはじき」の数を確認しましょう。今回は残りの数を考えて、一個飛ばしで貼る事にしました。
一個目♪
二個目♪(一個飛ばし)

ホットボンドで「おはじき」を貼る。【四列目】

一個飛ばしで三列目を貼ると、半端に「おはじき」が残って、もったいなかったので、一部四列目も「おはじき」を貼りました☆できあがり♪

キャンドルに火を灯す。

出来上がったら、さっそくティーライトキャンドルに火を灯してみましょう♪気を付ける事は、火災警報器が無い部屋で火を灯すことをオススメします。キャンドルくらいでは、あまり火災警報器は鳴らないらしいですが、100%鳴らないとは限らないからです。
作ったキャンドルホルダーにティーライトキャンドルを入れます。
火を灯します。一番いいのはバーベキューなので使うチャッカマン。しかし、家に無い方も多いと思います。今回、私は「割りばし」にガスの火をつけてから、キャンドルに火を灯しました。頻繁にキャンドルを使う方はチャッカマンなどを購入してくださいね☆
できあがり♪暗闇に優し暖かなキャンドルの光が癒されますね。
壁側に置くと、「おはじき」の影が↓下の写真のように写り込んで、とっても幻想的で素敵ですね♪

まとめ

いかがでしたか?キャンドルホルダーは100均で材料がそろい簡単に作ることができます。癒しの効果もあるので、キャンドルを生活に取り入れるステップアップにぜひ挑戦してみてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aiko

    0才の息子がいる主婦です。料理、ハンドメイド、DIY、イラストなど作る事が大好きです。保有資格:高等...