酒粕パックでお肌ツルンツルン。作り方と効果の検証

酒粕パックがすごいと評判です。普段気にしてない酒粕はスーパーなどにも置いてあり、手軽にリーズナブルに手に入ります。その酒粕でパックするだけで、つるつるの美肌に変身するというのだから驚きです。パックの方法もとても簡単。どんなものか見てみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月10日更新

目次
  1. 話題の酒粕パック
  2. 酒粕パックの美容効果
  3. 酒粕パックの簡単な作り方
  4. 酒粕パックのやり方
  5. 酒粕で自家製化粧水を作ろう

話題の酒粕パック

酒粕とは

酒粕は、日本酒を作る時に出る搾りかすです。米、麹、水を原料として発酵させたもろみを搾った液体が日本酒で、残った固形物が酒粕。

酒粕の成分は、水分51%・炭水化物23%・蛋白質13%・脂質・灰分となっており、他にもペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母などが含まれているので、栄養素に富んだ食品としての価値が見直されています。

また、酒粕にはエタノールが含まれているので、腐敗しにくいのが特徴です。

ひそかなブームの「酒粕パック」

酒粕パックをご存知ですか?酒粕と聞いて思い浮かべるのは、「甘酒」や「粕漬け」ですね。
甘酒は飲む点滴とも言われ美容のみならず健康にもとてもよいものとして弥生時代から愛飲されてきました。

酒蔵で働く蔵人さんの肌や手は、きれいで色白な人が多いという事実から、酒粕が注目され、美肌効果が期待できるのではと考案されたのが「酒粕パック」です。

口コミで評判

quote
酒粕パックして甘酒飲んで寝たからか、お肌の調子めーちゃ良い!!
やはり酒粕パック偉大!!
quote
日本酒を造る職人さんの手は真っ白!酒粕パックがかなり良いらしいです(*^^*)
quote
酒粕パック良い。コスパ良くてしっとり+美白効果とか最高。
quote
顔を酒粕パックしてたら首と色が変わり過ぎてバカ殿状態に。これデコルテから上にした方が良いよね(^_^;)

コスパが魅力

いいことづくめの酒粕パック。さらに魅力なのはそのコストパフォーマンス。

全国的に有名な酒蔵の手作り酒粕でも、900gで500円前後というリーズナブルさも魅力。数千円~数万円する高級パックを使わずしてつるつるの肌が手に入るのはかなり魅力的ですね。

酒粕パックの美容効果

美白に効く「アルブチン」「コウジ酸」「フェルラ酸」

食べてもよし、肌に塗ってもよしの万能アイテムの酒粕は、実は日本酒以上に美肌効果が期待できるようです。美白成分として有名な「アルブチン」や、抗酸化力の高い「フェルラ酸」などの天然成分を豊富に含んでいます。

また、保湿成分も含まれているので、潤い効果も期待できます。肘やかかとなどかさつく場所には、サランラップで密閉して暫く置けばしっとりと潤いのある肌に大変身。

また、嬉しいことに酒粕に含まれる「コウジ酸」が老化の原因である糖化を防いでくれるので、アイチエイジング効果も期待ができます。

「アルブチン」で安全に美白

”お肌の漂白剤”とも呼ばれるアルブチンは、シミなどの美白に効く成分として有名な「ハイドロキノン」の誘導体です。ハイドロキノンは効果が高い反面、肌への刺激が強いため濃度や取扱には厳格な注意が必要です。厚生労働省に認められたアルブチンは、ハイドロキノンよりも安全性が高いことから、敏感肌の方にも安心して使えます。

酒粕には天然のハイドロキノン誘導体である「アルブチン」が含まれているため、安全に美白の効果が期待できます。

「コウジ酸」の働きでアイチエイジング

酒粕に含まれるコウジ酸は、麹菌の発酵過程で生み出される発酵代謝質でメラニン色素の発生を抑制する効果があり、アルブチンとタブルの働きで美白を実現してくれます。

またコウジ酸には老化の原因である活性酸素を抑制する働きがあり、たるみやシワに悩む人にも効果的です。

さらには、抗糖化作用によって、糖化の原因物質AGEsの働きを抑制してくれるため、肌の黄ぐすみにも効果的です。

「フェルラ酸」はメラニンを抑制しシミにも効果あり

フェルラ酸には、メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼという物質の活性を抑える働きがあり、メラニン色素が作られるのを抑えてくれます。色素沈着を防ぐことによって、透明感のある美肌へと導いてくれます。

また、フェルラ酸にも抗酸化作用があり、活性酸素を除去し老化防止にも効果的です。

高い保湿力で肌がしっとり

酒粕には、米由来のセラミドと類似の働きをするスフィンゴ脂質が含まれています。

スフィンゴ脂質は、肌の中の水分をサンドイッチ状に挟み込み、水分を逃さないようにしてくれる成分です。そのために高い保湿力があります。

保湿&抗炎症作用でニキビも改善

酒粕には身体を温める作用があり、皮膚表面の温度を上げ毛穴をしっかりと開いてくれる効果があります。

酒粕に含まれる「コウジ酸」は抗炎症作用があり、赤く腫れたニキビを鎮静化させ、「酵母」による保湿効果で乾燥による皮脂の過剰分泌を抑制してくれます。

つまり、抗炎症作用と保湿効果でニキビを改善することが見込まれます。

日焼けのレスキューアイテムとして

美白効果が期待できる酒粕パック。紫外線対策や、日焼けしてしまった方にもおすすめです。

日焼けの場合、日焼けして72時間以内にレスキューアイテムとして酒粕パックを利用してください。

日焼けの後にメラニン色素が多く作られ、72時間後から沈着してきます。その72時間の間にどれだけケアしたかで作られるメラニン色素の量を減らし、沈着を防ぐことができるかが決まります。シミを防ぎたいなら72時間以内に酒粕パックでケアしましょう。

酒粕パックの簡単な作り方

材料は2つだけ

酒粕パックの簡単な作り方の材料は酒粕と精製水だけです。
酒粕100gと精製水50ccを混ぜるだけのシンプルなパックです。

作り方

手順【1】酒粕をよくつぶす

酒粕は固形の塊になっているので、最初によくつぶして下準備をしておきます。

手順【2】精製水を入れて混ぜる

酒粕100gを精製水50ccをすり鉢とすりこぎを使って混ぜるのですが、これがちゃんと混ざらないという方の意見も多いです。液体と固形が分離したままで確かに混ぜにくい印象はあります。

その場合、破れにくいビニール袋に材料を入れて上からこねると混ざりやすいです。また、フードプロセッサーにかけて混ぜる方法もあります。

手順【3】ビンに入れて冷蔵庫へ

この分量の場合、だいたい1週間分くらいの量なので、清潔なビンに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

1週間以内に使い切る

防腐剤が一切入っていないので、作ったら1週間以内で使い切るようにしましょう。

自分にあうものにアレンジして

アルコール分を飛ばした酒粕パック

酒粕は日本酒の香りがします。中にはアルコールの臭いが苦手という方もいるでしょう。でもご安心ください。アルコールを飛ばして作る方法があります。

■材料
・酒粕 100g
・精製水or天然水 300g

■作り方
1.鍋に酒粕と水を少量ずつ加えながら、滑らかにする。
2.アルコールが飛ぶまで、そのまま弱火でじっくり温める。
3.アルコール分が飛んだら、すり鉢に入れてすりこぎでダマを潰して、更に滑らかにしてできあがり。
4.小分けにして冷蔵庫に保存しておき、使う際には温めて使用します。

レンジでチンして簡単に

さらに手軽にアルコールをとばしたい場合、最初に酒粕をレンジで10秒ほど加熱して、軽くアルコール分を飛ばすと良いでしょう。加熱すると酒粕が柔らかくなるので水と混ざりやすくなります。

純米酒を加えて

アルコールを飛ばすのとは逆にお酒の効果を期待してあえてパックに加える方法もあります。

■材料
・酒粕 100g
・純米酒 300g

■作り方
1. 先にすり鉢に酒粕を入れて、少量ずつ純米酒を加えながらダマを潰して滑らかにする。
2. 小分けにして冷蔵庫に保存しておき、使う際には温めて使用します。

純米酒を加えることで、更に美肌成分の相乗効果が期待できます。パックをしたまま、湯船に浸かり身体を温めれば、更に相乗効果で美肌度がすすみます。

小麦粉を足して

お風呂場でのパックの場合垂れてきてもOKですが、お部屋でパックするときには垂れないように小麦粉を混ぜて硬めのテクスチャーにします。

100gの酒粕に精製水50cc、さらに小麦粉を大さじ2杯ほど足すと混ざりやすくなります。ただしアレルギーのある方は控えたほうがいいでしょう。

豆乳やヨーグルトを加えて

酒粕を電子レンジで10秒ほど温めて、豆乳やヨーグルトを加えてもいいですね。肌のくすみを解消してくれる効果が期待できます。

緑茶プラスでニキビ撃退

緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果があります。また、ポリフェノールには抗酸化力があり、ニキビの改善に効果があります。

酒粕パックに粉末緑茶を混ぜて使いましょう。

はちみつ効果でつるつる素肌

はちみつは保湿効果が高いので、乾燥肌の方にはおすすめです。さらに潤いが欲しい場合ははちみつをプラスしてみましょう。

お医者さんもおすすめ米ぬかパック

酒粕パックに米ぬかをプラスした米ぬかパックはお医者さんもすすめる保湿を高めるパックです。

米ぬかには、ビタミンEや、セラミド類似成分が含まれているため老化防止にも効果が期待できます。

臭いが気になる場合は

お酒の臭いが気になる方はエッセンシャルオイルを1滴入れるといいでしょう。気分にあわせて、ラベンダー、カモミール、ローズ、ペッパーミントのなどの香りを楽しんでパックするとリラックス効果も期待できます。

酒粕パックのやり方

基本的な使い方

顏などに塗布して5〜15分後に洗い流します。酒粕が乾き出したら洗い流しましょう。

白さがワントーン上がった美肌を実感できるはずです。酒粕の酵母には、保湿成分も含まれているので潤い効果も期待できます。

効果をアップさせるやり方

ひじやかかとなど、かさつきが気になる場所には、上からサランラップを貼れば保湿パックにもなる万能パックです。

バスタイムを利用して

湯船に15分くらい浸かりながら酒粕パックもおすすめです。お風呂の水蒸気がスチーム代わりになって相乗効果があります。

酒粕をすりつぶし、ガーゼやハンカチなどに包んで輪ゴムでしっかりとめて浴槽に浮かべ、酒粕風呂にすると全身つるつるになります。

必ずパッチテストをして試してみる

酒粕パックを始める前には必ず毎回パッチテストを行いましょう。

お酒の香りがするので、お酒が苦手な方は酔ってしまうことも。また、敏感肌の方は赤くなったりかぶれたりする可能性もあるのでご注意ください。

酒粕パックをする頻度は?

酒粕パックは夜のお手入れのときは必ず使ってほしいアイテムです。1日中乾燥状態にさらされたお肌、日中紫外線を浴びたお肌をその日のうちにケアすることは、長い目で考えると美肌美白の近道となります。

朝の洗顔にも

酒粕パックは1日1回行えば充分効果がありますが、時間に余裕があれば、朝の洗顔のときにもパックすると、お肌を守り、より美白に導いてくれます。

時間がとれないときは集中ケア

酒粕パックは毎日行うのが理想ですが、実際にはなかなか時間が取れないということもあります。

その場合は、時間が取れるときに集中ケアをし、時間がないときは日本酒酵母が入った化粧水とクリームでささっとケアをするといった使い分けがおすすめです。

保存方法は

酒粕自体の賞味期間は結構長く、2ヶ月から3ヶ月くらいあるものもあります。買ったら冷蔵庫で保管して、使う分だけその都度取り出せば痛んでしまうことはありません。

また、パックを作った際に残った分は、袋の中に入れたままジップを閉めて冷蔵庫で保存しましょう。だいたい4日か5日くらいで使い切るようにしましょう。

酒粕で自家製化粧水を作ろう

酒粕パックの材料にグリセリンを追加

■材料
・酒粕 100g
・精製水 180ml
・グリセリン 5ml

作り方は3ステップ

■作り方
1.精製水と酒粕を混ぜ、一晩置きます。
2.1を茶腰などを使って濾します。
3.グリセリンをよく混ぜてできあがりです。
残った固形はそのままパックとして使いましょう。

いつもの化粧水で代用もOK

いつも使っている化粧水に酒粕を混ぜ、一晩置いて濾してもOKです。ただし、とろみのある化粧水は濾しにくいので、サラッとしたものがよいでしょう。

市販のおすすめ化粧水

時間がないときは、日本酒酵母が入った市販の化粧水で手軽にケアして使い分けしましょう。
【まとめ】
酒粕は食べることができます。食べていいものだから、肌に塗っても安心です。日本古来から伝統の発酵食品として愛用されてきた酒粕。化粧水などがなかった時代の女性が美肌を保っていたのは酒粕のお陰と言っても過言ではありません。さっそく試して美肌を手に入れましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事